ホーム > 組織から探す > 知事公室広聴広報課 > 広聴 > 県民の声データベース > ご提言等の内容(東京都は理美容も自粛対象になりました)

ページID:5113

公開日:2020年05月22日

ここから本文です。

ご提言等の内容(東京都は理美容も自粛対象になりました)

受付年月日

2020年04月29日

回答年月日

2020年05月11日

テーマ

理美容業への休業要請について

提言内容

愛知も理美容は対象になりました。散々、密で危ないと訴えてきました。美容師もフェイスガードや防護服必要レベルです。近距離でお客さんはマスクなし、ベラベラ喋る、髪や衣服にもウイルスは付着するのに、素手で対応。非常に恐怖を感じます。ステイホームなら髪を切りに行かなくても良いし、切らなくて死なない。でも切りに来ることで感染が広がるかもしれない。でも家賃や給料を払わなければならないので、開けるしかない。コロナ広がっても知らない。早く理美容にも自粛要請出すべき。補償付きで。

回答内容

メールを拝見しました。

お問い合わせのありました、理美容業に係る休業要請につきましては、法律に基づく国の基本的対処方針において、緊急事態宣言時に事業の継続が求められる事業者として理美容業が対象となっていることを踏まえ、本県においても休業要請の対象外としたものです。

県では、県内において新型コロナウイルス感染者が急増していることから、令和2年4月14日(火曜日)に「香川県緊急事態」を宣言し、私から、県民の皆様に対し、人との接触を避けること、不要不急の外出を控えることなどについて強くお願いしているところです。

また、事業の継続をお願いする事業者の皆さまに対しましては、生活衛生同業組合を通じ、店舗などにおける感染拡大を防止するため、店舗内などの「3つの密」を避ける対策の他、適切な距離を保つ対策、施設・設備の洗浄消毒などの衛生管理の徹底などをお願いしているところです。

さらに、令和2年5月4日付けで国から、「業種ごとの感染拡大予防ガイドラインに関する留意点」や「施設に応じた感染拡大を予防する工夫(例)」が示されており、こちらも生活衛生同業組合を通じ、お知らせしていますので、参考としていただきますようお願いいたします。

私といたしましては、引き続き、県民の皆さま、事業者の皆さまに対しまして、さらにこうした注意を呼びかけてまいりますので、ご理解をお願いします。

担当課

担当

政策課

電話

087-832-3126

このページに関するお問い合わせ

政策部政策課

電話:087-832-3126