選択された部分を音声で聴くにはJavaScript が必要です

香川から世界へ 世界に誇る逸品T[庵治石]

世界の暮らしに寄り添いたい 庵治石

軽やかに寄り添う「AJI PROJECT」

作品の写真(OISEAU)
OISEAU 村井 一信氏
柔らかさを感じる庵治石の鳥。
窓辺や庭で癒やしてくれる。

 人類は文明の創世記に石という道具を手にした。暮らしに寄り添い、日々を支えた石。ところが生活様式の変化と共に、いつしか暮らしの中から遠ざかった。

 「花こう岩のダイヤモンド」といわれ、類まれなる美しさと硬さを保つ「庵治石」。高松市牟礼町、庵治町の一帯は、この庵治石の採掘、製材加工などの事業所が集積し、国内最大規模の石材地域といわれている。ところが貴重な石である故に、産出に関する根拠のない臆測が飛び交い、10年ほど前からは安価な石が国外から流入し頭を悩ませている。

 そこで、庵治石と共に卓越した産地の技を知ってもらおうと、例えば名車のレプリカや石臼のコーヒーミルを創り出した。その技への称賛の声は多く、石臼は2009年のグルメ&ダイニングスタイルショーで大賞を獲得する。手応えを十二分に感じたが、果たして次の一手はどう打つか。

 そこで、外部の専門家に依頼して現状打破を試みたのが「AJI PROJECT(アジプロジェクト)」である。「暮らしに寄り添う」をコンセプトにした品々で、多くの人々に庵治石を身近に感じ、その魅力に再び気付いてほしいと願った。ワークショップ形式で取り組むこの事業、これまでの3年間は伝統の中で生きてきた職人たちにとってカルチャーショックの連続であったという。それでもさまざまな課題に挑み、自慢の技を駆使して上質なライフスタイルにふさわしい製品を生み出し始めた。

 それを好機に、ジェトロ(日本貿易振興機構)から商談会の声が掛かり、海外への道が開かれる。現在では、国内におけるインテリア関係の展示会などで好評を博し、ポートランド、ロサンゼルス、サンフランシスコ、ニューヨークなど、現地のライフスタイルショップやセレクトショップに並ぶまでになった。今後は、自らの手で海外の販路を開きたいと願う「AJI PROJECT」である。

作品の写真(SABO)
SABO 伏石 康宏氏
しま模様がサボテンを思わせるシリーズ。
器の大小でラインの幅は微妙に変化し、
美しく収まる職人技の妙に心躍る。

作品の写真(UTSUWA)
UTSUWA 落合 賢氏
軽やかな印象がある石のプレート。
冷たい石の器はフルーツを置くのに最適。

作品の写真(POUND)
POUND 太田 惠氏
元は小ぶりな漬物石。
シンプルなフォルムがドアストッパーとして人気。

【お問い合わせ】
リアルジャパンプロジェクト
TEL 03-5468-0009

高松市牟礼庵治商工会
TEL 087-845-2835

柔らかくともる「むれ源平石あかりロード」

むれ源平石あかりロードの写真

 夏の2か月間、牟礼の地で行われる「むれ源平石あかりロード」。10年を過ぎて今や讃岐路の風物詩となり、庵治石の里に希望の明かりをともしている。

 「庵治石」の世界唯一の産地である高松市牟礼町一帯は、日本史に残る源平屋島合戦(1185年)の地としても知られ、数々の史跡が点在する。その史跡を古くからの地場産業である石材の技を生かして輝かせたいと願い、史跡をめぐる道沿いに石あかりをともす「むれ源平石あかりロード」が2005年にスタートした。

 「庵治石」は、花こう岩の中でも水晶に近い硬度を持つため、細工に高度な技を必要とする。そうして、庵治石の産地では卓越した技を誇る職人たちが集まり、技の極みに挑戦し続けてきた。その技を生かして創られるのが「石あかり」である。

 今年、その「石あかり」を手掛ける後継者たちの中から世界を目指す若者が登場した。日本全国の青年技能者(原則23歳以下)がその技を競う「技能五輪全国大会」。昨年11月28日から12月1日まで愛知県で開催され、香川県からも配管や電工、和裁などの各分野に11名の選手を送り出した。そして、石工職種に出場した水村(あおぐ)さんが金賞に輝き、技術界のオリンピックともいえる技能五輪国際大会への出場権を手にした。水村さんは、高松の工芸高校工芸科でデザインを学び、石材関係の事業所に就職した希少な人材。業界としても注目の新人である。技能五輪出場に際しては、同大会で銀賞に輝いた先輩である太田眞介さんや指導員の白井保浩さんをはじめ技能士会や讃岐石材加工協同組合など多くの人々に支えられたという。それだけに、感謝の思いを胸に、8月11日からブラジルのサンパウロで開催される世界大会に向けて、技の高みに挑戦を続けている。

水村仰さんの写真

作品の写真(ありがとポスト)
作品名:ありがとポスト
母校、高松工芸高校の生徒さんのデザインを水村氏が制作した石あかり。庵治石のポスト、ハートと小鳥は大理石。うれしい便りが届きそうな作品。

【お問い合わせ】
讃岐石材加工協同組合
TEL 087-845-2446