県民参加の森づくり

人と自然が共生する持続可能な豊かな森づくりを目指して

16.NPO法人 「さぬき夢桜の会」

名称

NPO法人さぬき夢桜の会(さぬきゆめざくらのかい)

活動内容

●発足の経緯とこれまでの活動
平成16年11月に国営讃岐まんのう公園事務所開設20周年を記念して「国営公園と地域を考えるシンポジウム」が開催され、旧満濃町ふるさと観光大使であった和泉悦子さん(まんのう町出身)がパネリストとして参加され、「私のふるさとの満濃池に素晴らしい“桜の園”を作りたい。香川の縁ある人たちに交流の輪を広げる住民参加型の桜の植樹運動を展開してはどうか」と提案されました。
その後、その実現に向け、平成17年12月に地域貢献や町おこしの活動を行うことを目的としたNPO法人「さぬき夢桜の会」が発足しました。その推進に向け実行委員会を数度重ね、1000本桜植樹達成を目標に平成18年3月に第1回植樹を開始。 残念ながら、平成20年1月12日の第3回植樹を目の前にして初代理事長、和泉悦子さんが病のため志半ばにしてご逝去されました。会員は和泉さんの意思を引き継ぎ植樹運動に邁進し、多くの方々のご賛同とご支援を賜り、平成22年3月の第5回植樹で念願のさぬき夢桜千本を達成することができました。
 その後、本会は植樹した桜の育成管理や県内外への情報発信にも取り組み、「さぬき夢桜3000本」を新たな目標として活動を続け、平成28年3月には、植樹した桜が3015本に達しました。

●今後の活動
 満濃池は1300年前に築かれた、弘法大師ゆかりの池です。美しい自然と水が調和した景観は住民の安らぎと潤いの場所になっており、その池が日本一の桜の名所になれば地域の活性化、高齢化が進むまちに活気が生まれます。
 また、平成33年は弘法大師修築1200年の記念すべき年を迎えます。満濃池一周道路が完成すれば「花遍路88か所廻り」を計画し、人々の心の安らぎと癒しの場とし、加えてサイクリングロード、ジョギング、ミニマラソンなど住民の健康づくりを推進していきます。

●さぬき“夢桜”植樹運動趣旨
1. 讃岐を愛し、心のふるさと「香川」のさらなる発展を願う人々の想いを終結した「官・財・民」による香川の新しいシンボル作りに取り組む
2. 満濃池周辺地域の持つ自然の美しさと景観を生かし、人々の出会いや交流の輪を広げる住民参加型の桜の園づくりを行う
3. 県内・県外に住む香川に縁のある人々が、都市と農村・里山による世代を越えた地域交流と活性化につながる共生・循環型コミュニティを作っていく

●人々の桜に寄せる「想い」
 桜を植樹される方々は人生の節目に記念として様々な想いを桜に寄せています。中でも、子どもさんやお孫さんの成長と桜の成長を楽しみに、円満な生活を願う想いで植樹され、家族やグループのファミリー桜、夫婦桜などの方が多いです。

●植樹した桜の品種と本数(3015本植樹の時点)
陽光(927本)、山桜(919本)、大島桜(405本)、寒緋桜(209本)、枝垂桜(203本)、霞桜(93本)、大山桜(63本)、河津桜(37本)、ヒマラヤ桜(35本)、松月(30本)、鬱金(30本)、江戸彼岸(29本)、関山(20本)、修善寺寒桜(14本)、御殿場桜(1本)

(陽光桜)

(陽光桜)

(四条小学校の児童らによる植樹)

(四条小学校の児童らによる植樹)

活動場所

活動場所

入会情報

植樹応募者(一般会員)

桜の植樹を行う一般会員を募集中。会員数約700人(2016年10月時点)。 募金について:この事業の趣旨にご賛同頂ける方でしたら全国どこからでも、どなた様でも1口5000円で何口でも募金をして頂くことができます。大は10口で1本(高さ約4m)、中は6口で1本(高さ約2.5m)、小は2口で1本(高さ約1.5m)の植樹となります。ご寄付頂いた方には、桜の木に環境を配慮した樹木番号を取り付けるとともに、「さぬき夢桜 」会報を発行し、ご寄付頂いた方の樹木番号とお名前を掲載したものを郵送させて頂きます。また、申込本数がまとまった段階で後日、掲示板を設置し、樹木番号をお名前を掲載致します。

正会員

植樹の運営・管理を行う正会員を募集中。会員数98人(2016年10月時点)。
入会金 1000円、年会費なし。

活動日時

桜の植樹は3月上旬に実施。また、随時、維持管理(下草刈り、施肥など)を行っている。

連絡先

NPO法人さぬき夢桜の会(さぬきゆめざくらのかい)
事務局長 石﨑洋一
香川県仲多度郡まんのう町神野168-7 かりん会館内
℡:0877-75-0200、Fax:0877-75-2555
090-5147-5890(石﨑)
HP-Adress: http://www.yumezakura.jp/

その他

団体の活動でできること

楽しむ 景色を楽しむ、散策する
つくる
食べる
森林整備 桜の植樹
学ぶ 樹木の観察
道具を使う

トップへ戻る