県民参加の森づくり

人と自然が共生する持続可能な豊かな森づくりを目指して

20.奥塩江交流ボランティア協会

名称

NPO法人奥塩江交流ボランティア協会

活動内容

私たちは、①『モモの広場』と名づけたかつての中学校・保育所の施設を活かし、②『奥塩江』の豊かな自然環境や風土を活かし、③住む人と訪れる人が心豊かに『交流』し、④『環境、文化、山村振興』に関心を持って活動することで、⑤過疎化に沈みがちな奥塩江が住んで楽しく訪れて『魅力ある地』になることを目指すとともに、⑥『持続可能な社会』づくりへの貢献を目指します。

交流サロン『まんぷく会』

「食事会」「ステージ鑑賞」「体験会」「勉強会」などの「のんびり、ゆったり、心を豊かに」する交流会を続けながら、奥塩江の元気づくり、魅力づくりに貢献します。原則毎月第3日曜日開催
交流サロン『まんぷく会』 10:00~男性料理教室
12:00~ 交歓食事会
13:20~ 交歓催事

うたごえ喫茶『チャロ』

「チャロ」は幸福の国ブータンの言葉で「友だち」。昔懐かしい木造講堂で、いい歌、心にしみる歌をみんなで歌って、楽しく友だちの環をつくります。
毎月第1土曜日開催 13:30~15:30

うたごえ喫茶『チャロ』 うたごえ喫茶『チャロ』

『環境』への関心と行動

「奥塩江」の豊かな環境を体感しながら、「大切なものは何か」、「環境」についての意識の向上に役立ちたい。
●環境ブートキャンプ
●環境教室
●環境ワークショップ
○環境シンポジウム
○大木古木調査

『環境』への関心と行動 『環境』への関心と行動

『山村』への関心と行動

過疎化の進む「奥塩江」の生活と産業に役立ち、ひいては日本の「山村」を元気づけるために役立ちたい。
●茶畑復活
●山里ハイキング
●竜王大滝やま歩き
○阿讃トレイル事業

『山村』への関心と行動 『山村』への関心と行動

『文化』への関心と行動

「奥塩江」の風土や歴史に関心を持ちながら、人の心を豊かにする「文化」の継承と振興に役立ちたい。
●山なみ芸術祭(協力)
●グルーブ、演奏会
●モモの広場施設利用
○行楽茶会
○石仏調査
○古道復活

『文化』への関心と行動 『文化』への関心と行動

活動場所

・「モモの広場」(高松市塩江町甲77番地)
かつての中学校・保育所の施設を活用し、講堂、和室、保育所教室、厨房、トイレの施設があり、グループの研修会、合宿、懇親会に最適。寝具を準備すれば宿泊も可能。
・大滝山山腹(高度670メートル)の茶畑
・その他

活動日時

交流サロン『まんぷく会』

原則毎月第3日曜日

うたごえ喫茶『チャロ』

原則毎月第1土曜日 13:30~15:30

その他

ホームページ、ブログ、フェイスブックイベント等でご確認ください

入会情報

会員募集中。また、会運営を応援してくださる方も募集しています。現在、個人会員約100人。なお、ほとんどのイベントで会員以外のゲスト参加大歓迎です。
・入会条件 活動に興味のある成人
・入会金 1,000円
・会費 年1,000円

連絡先

NPO法人奥塩江交流ボランティア協会
代表者 大西佑二
高松市塩江町甲77番地(モモの広場)
℡:087-893-1614、ケータイ:080-5665-1614
e-mail: okshio@outlook.jp
HP-Address: https://oks385.wixsite.com/momo

その他

団体の活動でできること

楽しむ チャロ、まんぷく会、ハイキング・山歩き、環境教室・炭焼き体験教室
つくる 環境教室(竹・木を使った道具やおもちゃなど)
食べる まんぷく会(そば・うどん打ち、餅つき、芋煮、猪肉、ふる里寿司ほか)
森林整備 茶畑の再生、景観を重視した森林を考える
学ぶ 阿讃の山間地に伝わる文化の研究、持続可能な地球・社会
道具を使う 炭焼き体験教室(のこ、くわ)、環境教室(はさみ、ナイフ、刷毛など)

トップへ戻る