ページID:18924

公開日:

ここから本文です。

ホーム 新着情報 森林所有者の皆さまへ 企業・団体等の皆さまへ

企業・団体等の皆さまへ

フォレストマッチング推進事業にご参加いただける企業・団体を募集しています

CSR活動(社会・環境貢献活動)に関心のある企業・団体に、実際に手入れの必要な森林の情報を提供し森づくり活動への参加など、具体的なCSR活動の方策を提案します。県は、市町(森林組合)等と連携して森林整備に関する協定の締結の斡旋を行うなど、全体的な調整と技術的サポートを行い、企業・団体等の参加と経費負担による森づくりを支援します。多数の企業・団体のご参加をお待ちしています。

また、企業等の森づくり活動によるCO2吸収量を認証する制度により、相当量のCO2を排出する企業等が策定する地球温暖化対策計画において、森づくり活動を地球温暖化防止対策の一つして位置づけています。

 メリット

 

フォレストマッチング推進事業が対象とする企業等

CSR活動(社会的責任)として森づくり活動に関心のある企業・団体。

活動の形態 企業等・県・市町等の三者間で森づくり協定を締結し、森林所有者から提供された森林を協定期間中に様々な森づくり活動のフィールドとして利用
森づくりの手法 森林での植林、間伐、整理伐などの森づくりを行う
利用方法 ・環境貢献活動のフィールド
・地域交流のフィールド
・社員等のレクリエーションのフィールド
協定期間 おおむね5年間(協議により延長できる)

 

企業・団体ができること
  • 企業・団体のCSR活動としての社員等の参加と経費負担による森づくり活動
  • 顧客を森林に招待して実施する植林行事等や森づくりのイベント
  • ステークホルダーでもある地域住民との交流
  • 森林をフィールドとして実施する従業員の福利厚生活動や体験型環境研修等
市町(森林組合)の役割
  • 企業・団体から提供された森づくり経費を活用した森林整備
  • 企業活動等のサポート
  • 技術支援
  • 企業・団体と地域との交流を支援すること
県のサポート体制(例)
  • 情報の収集・提供
  • 企業等と市町等との橋渡しなど総合調整
  • 森づくり活動に参加する企業等の従業員等に対する技術指導等
  • CSR活動の評価
  • 情報発信
経費負担

地域によって協定内容に多少差はありますが、5年間分の森づくり経費をご負担いただきます。
森づくり費用の経費内訳はおおむね次のようなものです。

  1. 植林費用
  2. 保育費用(下草刈・除伐・間伐など)
  3. 管理道等の維持管理費用
  4. その他、土地提供者と企業等が、両者協議のうえ認めた事項に基づく費用
  5. 森づくり活動により、発生した植林木、伐採した木材等は森林所有者に帰属します
森づくり活動に要する概算経費(1回当たり)
活動内容 概算経費(千円) 備考(作業内容)
植林

山行苗の場合 約220

ポット苗の場合 約370

植林地測量、地拵え(伐採跡地の枝葉の整理)、植穴位置竹杭設置、竹杭300本、苗木300本、簡易トイレの設置、諸経費
※約1坪に1本植栽するが、植林の労務作業費用は含んでいない。
下草刈り 約24 植林した苗の成長を促すための下草刈り(おおむね5年間継続)
除伐 約27 植林木の成長を促したり、広葉樹林内に入り込みやすくする作業
間伐 約24 林床に光が入るように植栽木を間引く作業
枝打ち 約32 林床に光が入るように枝を落とす作業
竹林整備
(伐採)
約130

竹林伐採、地拵え(伐採した竹の整理)

1:森林1,000平方メートル当たりの作業に要する標準的な経費の例であり、傾斜角度などの現場の地形条件によって経費が変動します。
※2:植林については、企業の社員等により植林が行われる仮定で算出しており、上記経費には含まれていません。
※3:苗木については、ヒノキの単価で計算していますので、樹種や植栽本数によって経費が変動します。

活動場所

活動場所については、個別にご相談させていただきます。

 

このページに関するお問い合わせ