県民参加の森づくり

人と自然が共生する持続可能な豊かな森づくりを目指して

5 支えよう

5.支えよう 森を活かし、森を支える応援団を育てます ●寄付をして森づくり活動を財政的に支えよう ●森林との付き合い方を教える「語りべ」になろう ●森づくりに関する学習機会を提供し、森づくりを担う人材を育成しよう ●森づくり活動を支援する企業になろう ●地域の木材を製材・加工できる人を育てよう ●地域の木材で住宅を建築する工務店を増やそう ●林業研究グループや森林ボランティアの活動に参加しよう

宣言5 森を活かし、森を支える応援団を育てます

 森は県民共有の財産であり、みどり豊かな森を守るためには、森の大切さについての理解を深めることが必要です。私たち自らが、山地災害の防止や水源の涵養、二酸化炭素の吸収源など森の大切な働きについて学び、森を守る活動に参加することが重要です。また、そのような活動を担う森林ボランティアなどの人材の育成が欠かせません。自分では森づくり活動などに参加できない人は、寄付や募金をして活動を支援することができます。
さらに、森の恵みを活用して暮らしを充実させるためには、森を手入れし、木材を伐採・製材・加工する人が必要です。森林組合や製材所や工務店などの、地域の木材を活用する専門技術を持った産業の担い手を育て、森づくりを応援しましょう。

事例

事例画像

緑の募金に協力しましょう
 公益財団法人かがわ水と緑の財団が行っている「緑の募金」は、学校や地域の緑化、手入れの必要な森林の間伐や植栽などに活用されています。緑の募金に協力することで、水とみどりに恵まれた美しい郷土づくりに役立つことができます。

トップへ戻る