ホーム > 組織から探す > 農業大学校 > 新型コロナウイルス感染症の観戦警戒期における対策(10月23日以降)について > 夏季休業期間の延長及び新型コロナウイルスの感染拡大防止について

ページID:26568

公開日:2021年8月24日

ここから本文です。

夏季休業期間の延長及び新型コロナウイルスの感染拡大防止について

国内ではこれまでにないスピードで新型コロナウイルスの感染が拡大しており、特に感染力が高いと言われるデルタ株により若い世代での感染が急拡大する中で、医療体制が逼迫してきていると言われています。

香川県においても、最も高い警戒レベルの「緊急事態対策期」に位置づけられるとともに、8月20日(金曜日)から9月12日(日曜日)の間、「まん延防止等重点措置」が適用されました。

本校といたしましても感染の拡大防止に万全を期すため、9月12日(日曜日)まで夏季休業期間を延長することとし、延長期間中の実習等については、下記のとおりとします。

学生及び研修生並びに御家族の皆様におかれましては、別紙「新型コロナウイルス感染症への対応指針について」を遵守し、自分や大切な人のために、感染拡大防止への理解と協力をお願いします。

 

◆担い手養成科
感染防止対策を徹底し、最小限の人数又は課題レポート等で実施します。具体的な内容については、後日、コース担任から連絡します。

◆技術研修科
1)実習については、予定通り行います。ただし、感染防止対策の観点から、時間を短縮して実施します。
2)座学及び聴講講義については、9月13日以降に延期します。日程については、後日お知らせします。

 

別紙「新型コロナウイルス感染症への対応指針について」(PDF:814KB)

このページに関するお問い合わせ

農政水産部農業大学校

電話:0877-75-1141

FAX:0877-75-3989