香川県農業試験場

各部門の紹介 府中果樹研究所

沿革

明治41年(1908) 香川郡栗林村(現 高松市花ノ宮町)香川県立農事試験場で果樹栽培の試験研究に着手
43年(1910) 香川郡宮脇村(現 高松市宮脇町)に6反歩の模範果樹園を設置
大正 4年(1915) 模範果樹園を廃止し、綾歌郡端岡村(現 高松市国分寺町新居)に2町歩の果樹試験地を設置
昭和 8年(1933) 三豊郡仁尾町に柑橘指導地を設置(昭和16年廃止)
25年(1950) 端岡村の果樹試験地を廃止し、綾歌郡府中村(現 坂出市府中町)に果樹試験地を設置
32年(1957) 果樹試験地を農業試験場府中分場に改称
44年(1969) 香川県たばこ耕作組合連合会から香川県たばこ試験場を移管(昭和55年本場へ移管)
49年(1974) 盆栽・花木に関する試験研究部門を本場より移管(平成元年再び本場に移管)
平成23年(2011) 府中分場を府中果樹研究所に改称

組織

ほ場と施設

現在地:ホーム> 組織と仕事の紹介> 府中果樹研究所 沿革・組織