香川県農業試験場

「さぬきの夢2009」の概要

 「さぬきの夢2000」の後継品種として育成したさぬきうどん用小麦品種です。「さぬきの夢2009」は「さぬきの夢2000」に比べて収量性が高く、うどんは滑らかで粘弾性があって食味評価も上回ります。今後県内での作付面積の拡大が見込まれ、平成24年播種には「さぬきの夢2000」から全面切り替えする予定です。本品種は香川県内向けに育成された品種のため、種苗の生産と譲渡は香川県内のみを対象とします。

「さぬきの夢2009」の特性概要

1.「さぬきの夢2000」とほぼ同熟期である。
2.倒伏に強く、収量性が高い。
3.うどんの食味評価が高い。

1)生育特性

品種名 出穂期
(月日)
成熟期
(月日)
稈長
(cm)
穂長
(cm)
穂数
(本/u)
倒伏 穂発芽性
さぬきの夢2009 4.4 5.27 72.1 8.3 490 やや難
さぬきの夢2000 4.6 5.28 73.6 6.7 524 やや難

注)データは奨励品種決定試験における3ヶ年平均(2006〜2008年播種)

2)収量特性

品種名 収量
(kg/a)
同左対
比(%)
容積重
(g)
千粒重
(g)
外観品質 蛋白含有率%
さぬきの夢2009 55.7 110 813 38.9 上上 7.8
さぬきの夢2000 50.7 (100) 829 38.8 上上 8.0

注)データは奨励品種決定試験における3ヶ年平均(2006〜2008年播種)

株標本
穂と原麦
左から「さぬきの夢2009」、「さぬきの夢2000」、「チクゴイズミ」

3)小麦粉の特性

品種名 製粉歩留(%) BM率 小麦粉の色(60%粉) デンプン糊化特性(60%粉)
L* a* b* MV HS BD FV
さぬきの夢2009 68.9 42.8 89.5 0.37 12.5 460 168 292 282
さぬきの夢2000 66.8 49.1 89.6 0.35 12.9 483 171 312 290

注1)データは生産力検定試験における3ヶ年平均(2006〜2008年産)
  2)製粉試験はビューラーテストミルで行った。
  3)粉の色は測色計、デンプン糊化特性はラピッドビスコアナライザーによる測定。

4)うどん食味評価

品種名 外観 なめらかさ かたさ 粘弾性 香り、味 合計 総合評価
さぬきの夢2009 15.2 11.3 11.4 7.3 18.3 10.9 74.3 74.7
さぬきの夢2000 (14.0) (10.5) (10.5) (7.0) (17.5) (10.5) (70.0) (70.0)

注)データは生産力検定試験における3ヶ年平均(2005〜2007年産)
  うどん食味官能審査は食糧庁「小麦のめん適性評価法」に準じて行った。

ゆでめんの性状
農業試験場で試験製粉した小麦粉のうどん

左上 さぬきの夢2000
右上 さぬきの夢2009
左下 農林61号
右下 チクゴイズミ

さぬきの夢シリーズは、くすみが少なく特に「さぬきの夢2009」は色が明るい。

現在地:ホーム> さぬきの夢情報>「さぬきの夢2009」の概要
Copyright(C) 2001-2010
Kagawa Prefectural Agricultural Experiment Station