かがわのグリーンツーリズム

トップページ サイトマップ お問い合わせ
グリーンツーリズムって何? かがわ型グリーンツーリズムとは 新たな かがわ型GTモデル かがわグリーンツーリズムふれあい隊員 サポーター情報広場 四国4県連携事業四国GT88ヶ所について
 
スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 

 

>>トップページ >>サポーター広場 >>お宝情報1:奥塩江のおたから情報(高松市)

一覧に戻る
お宝情報1:奥塩江のおたから情報(高松市)
投稿者:

かがわグリーン・ツーリズムNO.24

奥塩江の伝統行事や昔から各所に伝わるものとして、地域のお祭りや行事がたくさんあり、(例:7月1日の竜王山“山開き”神事)、亡くなった方を土に埋葬していたり、借耕牛(かりこうし)が徳島へ変える時、たくさんのお米や荷物を牛に積んで牛の足にわらじをはかせていたそうです。また、お茶畑は江戸時代から盛んに大滝寺へ最後の総括願(108目)の道沿いがあり、相栗峠のお饅頭は超有名でした。


【借耕牛を竹で再現:いろり工房】

★あぐりんコメント:
香川県の中でも大滝山の麓のお茶は品質がよいと言われていましたので、お茶の盛んな時代は相栗峠のお饅頭も人気があったのでしょうね。徳島との交流も含めて、まだまだたくさんのお宝情報が奥塩江にはあるような気がします。