トップページ トップページ
トップページ サイトマップ お問い合わせ
グリーンツーリズムって何? かがわ型グリーンツーリズムとは 新たな かがわ型GTモデル かがわグリーンツーリズムふれあい隊員 サポーター情報広場 四国4県連携事業四国GT88ヶ所について 農林漁家民宿を開業しよう!
スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ:

>>トップページ >>農林漁家民宿を開業しよう! >>農林漁家民宿開業者の声

農林漁家民宿開業者の声

農家民宿いなもくの開業紹介

綾川町で木材屋やうどん屋を家族で経営されている安川さん。
新たに農林漁家民宿を開業するにあたっての
準備やエピソードなどをお聞きしました。

現在、農林漁家民宿をどのような形で営業していますか?

 ここは、森林に囲まれた山里、築100年の古民家にて営んでおり、お客様だけでゆっくりとくつろいで頂ける宿です。隣には家族で営んでいる“うどん屋”と“木材店”があります。宿泊された次の日には、讃岐ならではのうどんをお腹一杯召し上がって頂けます。夕食はキッチンもあり、持ち込みでの自炊OKです。平成31年夏頃から、ご希望のお客様には郷土料理を提供出来るように準備をすすめています。(別途料金)宿泊費としては、お1人様税込5,000円(朝食うどん付)、3才以下は無料としています。その他、色々な体験を準備しています。季節に応じてタケノコ掘り体験、田植え、稲刈り体験を、また、全ての時期に体験が可能なメニューとして、木工体験(2時間くらいで完成する木工品作成)、地元で生産しているカーネーションのアレンジ体験などもあります。

なぜ農林漁家民宿をはじめようと思ったのですか?

 家族が住んでいる自宅の隣にある母屋が、空き家となっていました。キッチン、トイレ、お風呂も充分綺麗だし、放っておくのはもったいない!! なんとか活用できないかと考えました。丁度そんな時に県のグリーン・ツーリズムの担当の方から、農林漁家民宿のお話がありましたので、家族と相談してやってみようと思いました。

農林漁家民宿の開業を相談した時の家族の方の反応はどうでしたか?

 家は使わないとだめになります。「誰かに使って貰う方が良いのでは?」という意見もあったことから家族全員が賛成してくれました。

開業するための経費について教えてください

 うちの民宿は、お客様だけで利用していただくため、家庭用火災警報器ではなく、特定小規模施設用自動火災報知設備を全ての部屋に設置する必要があったほか、業務用消火器を備えました。
 また、廊下が老朽化していたので、業者さんに張替てもらいました。それと保健所に旅館業の申請をするにあたり、手数料が必要でした。
 あとは、ちょっとした備品や、古くなった壁に板を打ち付けたり、床を自分達で張替えたりして、経費を削減しました。ある程度の経費はかかりましたが、民宿の売り上げで少しずつ返せています。

旅館業法等開業手続きは面倒ではなかったですか?

 県の方が度々アドバイスに来て下さったり、書類上の事も手伝って下さったりしたので、たいして面倒ではなかったです。消防署の方も何度か来て下さり、いろいろ指導していただけました。

農林漁家民宿を開業して良かったことは何ですか?

 民宿を営むため、あっちこっち修繕する事により、築100年超えた古民家でも大事に維持して行けそうです。少子化高齢化の時代、このような田舎は段々と人口が減っています。少しでも人が訪ねてくれる事で地域活性化に繋がると良いと思います。また、新しい出会いがあり、お客さんと楽しく会話をすることで、知らない知識を得たりする事ができます。宿泊してくれた方のほとんどの方から、「ゆっくり休めた」「普段の疲れが取れた」「また機会があれば是非来たい」と仰っていただいた時はとても嬉しく、民宿をはじめて良かったと思います。

宿泊者とのエピソードで心に残ったものはありますか?

 民宿オープンしてはじめてのお客さまはイギリスの方でした。それも四人も!!
 “モリス”と言う民族舞踊団の方達でした。三日間宿泊していただきましたが、初日に民族衣装を着て、庭で“モリス”を披露してくれました。子供から年配の方までが楽しめるダンスで、うどん屋にご来店のお客様にも喜んで見ていただけました。また、最後の夜に、皆さんからとても素敵なプレゼントを頂き、思いがけないサプライズでとても嬉しかったです。

農林漁家民宿の魅力は何ですか?

 こんな山奥には、何かないと人は来ません。農林漁家民宿をする事により、都会の方や、海外からも人が来てくれます。それまで知らなかった方とお知り合いになれ、その方々からいろいろな情報を得る事ができるので、毎回楽しみにしています。
 なにより、お客さんが来てくれることにより、地域の活性化に繋がることが一番の魅力ではないでしょうか。

今後の目標を教えてください

 現在は、夕食の用意はしておりませんが、平成31年の夏頃から、民宿の一部を厨房にして、お客様のご希望に応じて、夕食を提供できるようにしたいと考えています。地元綾川町には、自慢できる食材がたくさんあります。もちもちとした触感が特徴の“讃岐もち豚“。近くの山で採った山菜やタケノコ。近所の御夫婦は、手間はかかりますが農薬を減らし、体に優しくかつ美味しいお野菜を提供してくれています。これらの地元産の素晴らしい食材を生かし、お客様に喜んで頂けるような郷土料理等を提供したいと考えています。
 また、民宿に泊まる事により、ゆっくりとくつろいで体を休めていただける、リフレッシュできてまた明日から頑張ろうと言う気持ちになっていただける、そのような農林漁家民宿民宿にしたいと思っています。

農家民宿いなもくの間取図

■ 農林漁家民宿情報

住所 綾歌郡綾川町枌所西甲1420-3
電話番号 087-814-4154
活用した建物 空き家
営業期間 通年型
宿泊スタイル 部屋貸し
体験メニュー 田植え、稲刈り、タケノコ掘り、野菜の収穫等の農業体験
カーネーションアレンジ体験、木工体験 など
食事 一泊朝食付き
(夕食はキッチンがあるため自炊可、朝食は隣接のうどん店でどうぞ)
平成31年夏頃から夕食の提供も予定しています!!
宿泊料 1人1泊5,000円(朝食うどん付)、3歳未満は無料
ホームページ https://yasamacita0217.wixsite.com/inamoku
ページのトップへ戻る