スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 

現在地:トップページ > 優良農地の確保 > 農用地区域からの除外

農用地区域からの除外

 市町は農用地利用計画において、農業振興地域内で農業振興を図っていく農地を農用地区域として設定します。
 農用地区域とは、農業振興地域における今後10年以上にわたり農業上の利用を確保すべき土地で、次のような土地が該当します。

【設定要件】
 農用地区域内では、農業上の用途以外の利用のために転用することはできません。やむを得ず転用する場合には、市町の農用地利用計画を変更し、農用地区域から除外をすることが必要です。
 農用地区域からの除外は、次の5つの要件の全てを満たす場合に限り可能ですが、農用地利用計画の決定は、地方公共団体の職権で行われますので、必ずしも個人の希望がかなえられるというものではありません。

【除外要件】
 

県では、これら除外の4要件について、「市町の農用地利用計画の変更(農用地区域からの除外)に係る判断基準」(平成19年7月31日付け19農政第22672号香川県農政水産部長通知、平成19年8月1日から適用)により、具体的な基準を定めています。
これは、市町からの農業振興地域整備計画の変更に係る協議に県が同意する際の判断基準となるものです。

 また、県では、計画変更に関して市町の「農業振興地域整備計画変更における留意事項」(平成21年3月3日付け20農政第50041号)(香川県農政水産部農政課長通知)を定め、適切な運用に努めています。

※計画変更に関する手続きは、対象となる農地を管轄する市町の農振担当課にご相談ください。

※農業振興地域制度に関する詳細は、各市町農振担当課又は県農政水産部農政課農振・地籍グループにお問い合わせください。
香川県農政水産部農政課
〒760-8570 香川県高松市番町4-1-10 
TEL:087−832−3393(農振)、3397(農地調整)
mail:nouki@pref.kagawa.lg.jp