スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 

えびみそ汁

えびみそ汁写真
伝承されてきた背景
 三豊市豊中町笠田笠岡にある宇賀神社は、今から330年前の寛永元年にお祭りが始まったと記録されています。春と秋の年2回の祭りには、どぶろくや料理の大振舞いをします。
 明治32年に酒造りが禁止されましたが、その時、宇賀神社、伊勢神宮のどぶろく、出雲大社の赤酒は作ることが許されました。どぶろくは約1か月かかってかもされます。
 この祭礼に用いる食器は、木のくりぬきの丸盆、また、どぶろくやえび汁を入れるのは杉木の桶を用います。
 大振舞が始まると、最初にどぶろくが出され、次にごはん、えび汁、なますをいただき、その後に甘酒がでます。食事が終わる頃をみはからって「立ちごぼう」といって、細かく切って味をつけたごぼうを一人ひとりの手のくぼ(手のひら)にのせます。
 これをいただくと大振舞いは終わりとなります。
主な伝承地域
三豊市豊中町

材  料
4人分
  • しばえび   60g
  • 白味そ   100〜110g
  • 赤味そ   少々(好み)
  • 米のとぎ汁  700cc
  • ネギ      少々
  • 豆腐      1/2丁(200g)

作 り 方
(1) 米のとぎ汁を取る。最初の1回目は米をざっと洗いすてる。2回目からのとぎ汁を使う。
(2) えびを塩水で洗う。えびは頭と尾を取り除いて洗い、皮つきのままボールに入れ、これに米のとぎ汁500cc入れてミキサーにかける。
(3) 鍋に残りの米のとぎ汁を入れ火にかけ、(2)を加え、木しゃもじで混ぜながら煮立ったら、白味そを加え(好みで赤味そを加えても良い)、20分位弱火で煮る。
(4) (3)にさいの目に切った豆腐を入れ、こげつかないように混ぜながらさらに10分位弱火で煮る。
(5) 椀に盛り、ネギ散らす。

伝承一口メモ

  • 芝えびは、活きのいいものを使います。
  • 米のとぎ汁を使います。
  • こげつきやすいので出来上がるまで混ぜます。
  • 芝えびは、多いほど味が良いです。口当たりよくなめらかさを出すためにミキサーを使いますが、包丁でたたいてからすりばちであたって(する)もよいです。