スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 

なすびごはん

なすびごはん写真
伝承されてきた背景
  • 暑さが厳しくなると、なすがおいしくなります。昔は、「ばっかり料理」でくる日もくる日もなすばかりでした。
     採りたては、ピカピカ光っていて、煮てよし、漬けてよし、丸のままおくどさん(かまど)の熱灰の中で焼いてよし。と、どのように調理してもおいしいものです。
     町内の比地二(ひじふた)地区では、夏になるとたきたてのご飯に味付けしたなすを混ぜた「なすびごはん」がよく食卓にのぼりました。
     機械化以前の農業は、暑い盛りに田の草取りを余儀なくされました。「上から照らされ、田の水は、風呂の湯のように温度が上がる」女性にとっては、しんどい作業でした。そんな日によく作ったのが、なすびごはんだったと言います。
     なすびにとり合わせる材料とて無く、切ったなすびに濃いめに味付けをして煮たものを、麦飯に混ぜるだけ。なすびに油でも落とせば、それはおいしくなったといいます。
     大急ぎで、なすびごはんをかき込んで、また草取りに励んだのです。
  • かつては、三豊なす(きんちゃく袋の口をぎゅっと絞った形で、千両なすの3倍ほどの大きさ)で作ることもあったのですが、水分が多いため、千両なすを用いています。
主な伝承地域
三豊市高瀬町比地二(ひじふた)地区

材  料
6人分
  • 米  3合(420g)
  • 水  3合(540cc)
  • なす(千両なす)  3個
  • 油あげ  1/4枚
  • 小えび  100g
  •         
  • 干ししいたけ  3枚
  •         
  • サラダ油  適量
  •         
すしの合わせ酢
  • 砂糖 80g
  • 酢  60cc
  • 塩   8g
調味料
  • 砂糖 少々
  •       
  • しょう油  少々
  • 塩  少々

作 り 方
(1) 砂糖、酢、塩ですしの合わせ酢をつくる。
(2) たき上がったご飯に(1)を加え、酢飯をつくる。
(3) なすは6cm位の長さで細長く切る。
(4) 油あげ、水で戻したしいたけは小さく短冊に切る。
(5) えびは頭と背わた、(から)をとる。
(6) フライパンに油を引き、(4)、(5)、(3)を加えてさっと炒め、砂糖、しょう油、塩で味を調える。
(7) (2)に(6)を混ぜ合わせて、なすびごはんの出来上がり。

伝承一口メモ

  • 昔は、ご飯に味付けしたなすだけを混ぜていましたが、近年は、食事バランスを考えたり食欲をそそるように酢飯に混ぜたり、彩りや栄養価を考えてにんじんやえび、卵、しいたけなど好みの食品をとり合わせて作っています。
  • 分量を多く作る場合は、味付けしたなすは、ざるに打ちあげて汁気を切っておく方が、ご飯がべとつかず、ふっくら仕上がります。