スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 
農産物と食品の衛生・品質管理手法
食と農わくわく講座
農産物と食品の衛生・品質管理手法

2.衛生面や品質面を管理する方法としてどういったものがあるのですか?

 食品に対して安全性を向上することや、品質管理を徹底すること、など消費者からの要請が強まっています。
 その対応策として取り組まれているのが、コーデックスガイドラインに示された7原則12手順に沿ったHACCPによる衛生管理と、HACCPの考え方を適用した品質管理により食品の製造過程の管理の高度化を図るISO基準などが安全を保証するシステムとして認知されています。
 また、農産物についてもより一層安全性を高めるために、農業者がリスク管理(「食の安全・安心とリスク管理とは」を参照)に関する制度や施策を十分に理解し、自主的に取り組むことが求められます。
 そこで、農産物の安全性を高めるために、1)適正農業規範(GAP)の自主的な策定と実践、2)生産環境や栽培技術の改善、3)農業生産資材の適正使用等の指導、4)トレーサビリティの導入、5)農産物の生産に関する消費者への情報提供等の取組みなどが対策として考えられています。

コーデックスガイドライン

 FAO(国際食糧農業機関)とWHO(世界保健機関)が合同で設置した国際食品規格を作る国際的な機関・コーデックス委員会総会において採択された「危害分析・重要管理点方式とその適用に関するガイドライン」(以下「コーデックスガイドライン」という。)の採用が、各国に推奨されており、欧米諸国において、その有効性が認識され、先進企業を始めとして普及しつつある。
 このコーデックスガイドラインにおいては、HACCPの食品の安全性に対する適用について記述しているが、この考え方は食品の品質管理にも適用できるものとされている。このことを踏まえ、コーデックスガイドラインに示された7原則12手順に沿ったHACCPによる衛生管理又はHACCPの考え方を適用した品質管理により食品の製造過程の管理の高度化を図ることとする。(食品の製造過程の管理の高度化に関する基本方針 平成10年7月1日 厚生・農林水産省告示第1号)


(引用文献)
農林水産省「平成17年農業生産の技術指導について」(平成17年4月)

(参考ホームページ)
食品の製造過程の管理の高度化に関する基本方針(平成10年7月1日 厚生・農林水産省告示第1号)
http://www.maff.go.jp/sogo_shokuryo/haccp_hp/houritsu/houshin.pdf
平成17年農業生産の技術指導について
http://www.kanbou.maff.go.jp/www/gichou/H17gijutusidou/mokuji.htm