Listen to this page using ReadSpeaker
スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 
現在地:トップページへ>野菜>レタス>レタスの知識
レタスのおいしさ

おいしいレタスは?

 巻がソフトでふんわりとし、比較的軽いものがみずみずしくて風味がいいです。
巻が堅くて重いものは育ちすぎです。

上手な保存方法

 ぬれた新聞紙に包んで冷蔵庫へ。半分に切ったものは切り口をラップで覆い、空気に触れないようにする。

調理のコツ

  • 葉が緑色で柔らかく美しいため、料理の引き立て役として和洋料理に重宝されている。
  • レタスをおいしく食べるには包丁を使わず、一枚一枚はがし、よく洗って指先でちぎる。水にさらすとぱりっとした触感が得られ、おいしい。

おすすめの食べ方

【スープ】

 普段は捨ててしまう外葉も、スープの仕上がる直前に入れると歯ごたえが残っておいしい、みそ汁などの和風よりはコンソメ味のほうが合う。少しとろみをつけてもよい。

【チャーハン】

 チャーハンや野菜炒めなどの炒め物にもよく合う。キャベツと違って葉が柔らかいので炒めすぎには注意して、チャーハンの際には水っぽくならないように最後に混ぜる程度がいい。

【お好み焼き】

 キャベツの代わりに、ちょっと趣向を変えてせん切りにしたレタスを使うと歯ごたえが楽しめる。

【鍋に】

 キムチだしに豚肉、豆腐、こんにゃく、えのき、しいたけなど入れて、だいたい煮えたころにレタスの粗いせん切りを入れる。少し柔らかくなったぐらいで食べるとおいしい。

【のり巻き風に】

 手巻きずしで使うのりの代わりにレタスを使うと、サラダ感覚でごはんが食べられる。また、焼き肉やそぼろ肉をレタスにくるんで食べるとさっぱり食べることができる。

レシピ

 レタスを使った、美味しいお料理レシピをご紹介します。

【レタスとチキンのクリーミィーサラダ 】
作り方
  • レタスはせん切りにして水にさらす。
    トマトときゅうり一本を輪切りにして酢の入った湯でゆでる。
    残りのきゅうりは皮むき器でスライスにする。
  • とり肉に塩・こしょうをして、白ワインをかけ、レンジで5分加熱しせん切りにする。
  • クリーミィーソースの材料を合わせ、とりのゆで汁を加えて味をみる。
  • レタス半量と鶏肉をまぜてソースをからめ、ゆでた野菜、他の野菜もまぜ合わせる。
  • 残り半量のレタスとスライスしたきゅうりをお皿に敷き、和えたサラダをのせる。
    仕上げにセルフィーユを飾る。
材料(5人前)
  • レタス 1個
  • とりむね肉 300g
  • プチトマト 8コ
  • きゅうり 2本
  • 白ワイン カップ 1/2
  • セルフィーユ 少々
  • クリーミィーソース

  • ・生クリーム 100cc
    ・オリーブワイン 大さじ4
    ・ワインビネガー 大さじ2
    ・粒マスタード 小さじ1
    ・塩・こしょう 少々
【レタスのミネストローネ 】
材料(5人前)
  • レタス 1個
  • ベーコン 100g
  • 玉ねぎ 1/2コ
  • にんじん 1/2本
  • 白ワイン 大さじ2
  • 塩・こしょう 少々
  • オリーブ油 少々
  • スープストック カップ4
  • パセリ 少々
作り方
  • レタスは手でちぎる。
  • ベーコン、玉ねぎ、にんじんは1cmの色紙切りする。
  • 油を熱した鍋で、2)を炒め、スープストックを注ぎ一煮立ちさせる。
  • レタスを一気に加え、白ワインと塩・こしょうで味をととのえ、器に注ぎ、パセリを飾る。