食品研究所のタイトル画像

平成30年度研究計画

研究テーマ
及び担当者
研  究  内  容   【研 究 区 分】
市販機能性素材を用いた機能性食品の開発

主任研究員 松岡 博美
主任研究員 大島 久華
嘱     託 浅井 貴子

 機能性表示が容易な市販機能性素材を「地域資源」や「こだわり食品」に活用した場合の加工適正や発光動物細胞を用いた機能性を評価する。

【次世代ものづくり産業育成事業】
(戦略的食品産業強化事業、機能性食品産業強化事業)


ニンニク加工時の機能性成分の変動と相乗効果

主任研究員 大島 久華
主任研究員 松岡 博美
嘱     託 浅井 貴子

 本県の特産であるニンニクの加工時の機能性成分の変動、オリーブなど他の健康・地域食材との加工による相乗効果等を調査する。

【次世代ものづくり産業育成事業】
(戦略的食品産業強化事業、機能性食品産業強化事業)


食品中の異物検査手法について

主席研究員 田村 章
主任研究員 大島 久華
嘱     託 久保 和子

 HACCP義務化が施行されることから、食品製造企業では、危害要因分析での異物混入対策が必要となる。異物が混入した場合、どこで混入したかの原因究明とクレ−ム対応は急を要する。そこで、当センタ−に設置されている機器を活用して異物分析での食品製造企業への対応を検討する。

【産業技術振興事業】

鮮度保持技術の導入による地魚の高品質化実証試験

主任研究員 大島 久華
主任研究員 藤川   護
主任研究員 松岡 博美
嘱     託 浅井 貴子

 イリコの原料であるカタクチイワシの鮮度とイリコの品質の関係について精査する。

【公設試験研究機関共同研究事業】

戻る