発酵食品研究所のタイトル画像

平成30年度研究計画

研究テーマ
及び担当者
研  究  内  容   【研 究 区 分】
安心安全な醬油・調味料製造に係る工程管理支援

主席研究員 大西 茂彦
主任研究員 岡﨑 賢志

 全国醤油品評会に入賞できる醤油製造技術の開発支援を行うとともに、醤油醸造時のヒスタミン等有害アミンの発生状況調査及び対策支援を行う。

【次世代ものづくり産業育成事業】
(戦略的食品産業強化事業、発酵食品関連産業強化事業)

香りで差別化した風味豊かな商品の開発支援

主席研究員 松原 保仁
主席研究員 大西 茂彦

 酵母や乳酸菌を活用した香気特性に優れた製品開発の支援や、火入れ条件の改良によるしょうゆの香気改善を行う。
 魚類を原料とする佃煮・惣菜の臭みを抑制する加工方法を活用し、香気特性に優れた製品開発を支援する。(魚臭を抑え、香ばしく心地よい香りの佃煮・惣菜の開発支援を行う。)

【次世代ものづくり産業育成事業】
(戦略的食品産業強化事業、発酵食品関連産業強化事業)

食品の異臭分析技術の確立

主席研究員 松原 保仁
主席研究員 大西 茂彦
主席研究員 稲津 忠雄

 発酵・地場産品(佃煮・素麺等)の異臭分析技術を確立するため、今年度は、異臭事例の収集を行う。

【次世代ものづくり産業育成事業】
(戦略的食品産業強化事業、発酵食品関連産業強化事業)

商品開発支援強化

主席研究員 稲津 忠雄
主席研究員 松原 保仁
主席研究員 大西 茂彦
主任研究員 岡﨑 賢志

 商品試作開発室の整備を行い、製品開発の支援体制を整える。

【次世代ものづくり産業育成事業】
(戦略的食品産業強化事業、発酵食品関連産業強化事業)

オリーブ製品開発支援

主席研究員 柴﨑 博行
主任研究員 藤川  護

 付加価値として製品開発に生かせる機能性や加工法のシーズを創出し、オリーブ製品の開発を支援する。また本県オリジナル品種について、含有成分等の差による優位性の検証と差別化を図る。

【次世代ものづくり産業育成事業】
(オリーブ商品高品質化支援事業)

技術者高度化支援

主席研究員 柴﨑 博行
主任研究員 藤川  護
 近赤外法を用いたオリーブの簡易分析体制の整備等により、県内オリーブ企業の高度化を支援を図る。
 また流通・販路の拡大を目的として原料オリーブ果実や塩蔵の保存性向上技術を検討する。

【次世代ものづくり産業育成事業】
(オリーブ商品高品質化支援事業)

戻る