プロジェクトチームのタイトル画像
    

平成30年度研究計画

研究テーマ
及び担当者
研  究  内  容   【研 究 区 分】
希少糖研究開発支援プロジェクト 希少糖生産微生物・酵素資源の活用強化

主席研究員 木村  功
主席研究員 稲津 忠雄
主任研究員 白川   寛
技     師 三好 美玖
嘱     託 藤井 玲子

 希少糖に関する香川県の競争優位性を将来に渡って確保するため、希少糖をより効率的に生産できる技術の研究を行う。

【先端技術産業集積形成事業】
(希少糖関連プロジェクト事業、希少糖拠点機能強化事業)

希少糖製造技術者養成支援事業

主席研究員 木村  功
主席研究員 稲津 忠雄
技     師 三好 美玖

 県内企業の希少糖産業への積極的な参入を促すため、県内の製造業(醸造企業・化学工業等)の技術者を対象に、希少糖生産技術の基礎的な実習(操作・分析手法)から希少糖の生産に関する一連の工程が学べるプログラムを香川大学と連携して実施する。

【先端技術産業集積形成事業】
(希少糖関連プロジェクト事業、希少糖製造技術者養成支援事業)

知的ロボット関連技術開発プロジェクト

力覚制御等を組み込んだ高度なロボット制御技術の開発

主任研究員 福本 靖彦
主席研究員 高原 茂幸<
主任研究員 坂東慎之介
主任研究員 竹中   慎
主任研究員 長谷見健太郎
主任研究員 多田 幸弘

 従来の産業用ロボットでは、あらかじめ登録しておいた位置にロボットの手先を動かす位置制御によるものが一般的であったが、近年では位置だけではなく力についても制御されることが増えてきた。これにより精密な組立作業など手先の力覚に頼った作業のロボット化が可能になる。本研究では力制御パラメータの設定方法など、力制御を活用するための研究を実施する。

【次世代ものづくり産業育成事業】
(ものづくり成長産業育成事業、ロボット技術・IoT活用型競争力強化事業)

高機能センサーやアクチュエーターの開発

主任研究員 竹中   慎
主任研究員 坂東慎之介
主席研究員 高原 茂幸
主任研究員 長谷見健太郎
主任研究員 福本 靖彦
主任研究員 多田 幸弘

 近年、産業用ロボットや自動機は、用途拡大とともに要求される機能は高度化・多様化しており、この要求を満たすための基盤技術として、センサ技術が不可欠なものとなっている。本研究では、開発途上である圧電フィルムセンサや市販センサと組み合わせた活用により、自動機等の計測システムの高度化を実現するためのセンシング要素技術を構築する。

【次世代ものづくり産業育成事業】
(ものづくり成長産業育成事業、ロボット技術・IoT活用型競争力強化事業)

高度要素技術の生産工程効率化システムへの導入・現場検証

主席研究員 高原 茂幸
主任研究員 長谷見健太郎
主任研究員 多田 幸弘
主任研究員 坂東慎之介
主任研究員 竹中   慎
主任研究員 福本 靖彦

 生産工程の効率化を目指して、金属加工工程における省力化ロボットの開発や産業技術センター内に擬似的な工場環境を整備し、IoTの効率的な運用方法の検証を実施する。

【次世代ものづくり産業育成事業】
(ものづくり成長産業育成事業、ロボット技術・IoT活用型競争力強化事業)

次世代3D積層造形技術開発プロジェクト

金属・セラミックス粉末の3次元積層造形要素技術の構築

主席研究員 横田 耕三
主席研究員 高原 茂幸
主任研究員 宮内  創
技     師 片岡 良孝

 金属・セラミックス材料を中心とした3D積層造形技術の研究開発を行うとともに、本県のものづくり基盤技術産業が長年にわたって培ってきた技術力を活かして、3D積層造形技術を活用した県内企業の新たな製品開発に寄与することを目的とする。

【次世代ものづくり産業育成事業】
(ものづくり成長産業育成事業、次世代3D積層造形技術関連産業育成事業)

ものづくり基盤技術高度化プロジェクト

溶接技術・機械加工技術の高度化支援

主席研究員 山下 雅弘
主任研究員 熱田 俊文
技     師 松島 康晴
主席研究員 中原 理栄

 本事業では、ものづくりの基盤となる「溶接技術」および「機械加工技術」に係る、県内企業の技術力向上や人材育成支援を目的に、分科会活動による企業支援(2つのワーキンググループによる、機械加工・溶接現場の課題改善や人材育成、勉強会の開催等)、基盤技術の高度化に資する研究開発の実施および個別の高度化支援等を行う。

【次世代ものづくり産業育成事業】
(ものづくり基盤技術高度化支援事業)

戻る