ページID:12426

公開日:2020年12月10日

ここから本文です。

和三盆糖

江戸時代中期以降、綿、塩とともに讃岐三白の一つとして知られる砂糖の生産は、時の讃岐高松五代藩主松平頼恭(よりたか)公が侍医の平賀源内に製造を命じたのが始まりと言われています。
温暖で少雨の香川で育ったサトウキビからは最高級の三盆糖ができ、独特のまろやかな風味が特徴です。この三盆糖を材料に作られる千菓子は、上品なお茶請けとして好評を博しています。

三盆糖の作り方

三盆糖作りは、サトウキビを早春に植え付け、12月の刈り入れを待って行われます。原料のサトウキビを搾り、その搾り汁を煮詰めると、あめ色をした白下糖(しろしたとう)ができます。この白下糖を綿布製の袋に入れ、押し船(木製の圧搾機)にかけては盆の上で手もみをして研ぎ(不純物を取り除く)、甘さにまろみを出す作業を繰り返します。昔はこの作業を3回行っていたので「三盆糖」と名が付いたといわれています。

このページに関するお問い合わせ