れきみん講座

私の知る「唐箕(とうみ)」という農具の魅力と歴史をすべてお話しします。(終了)

 民具は実に多くのことを私たちに語りかけます。穀物を選別する農具「唐箕」が、発明地とされる中国からどのように高松や東讃、西讃、小豆島など香川県の各地に伝わり、また改良されたかを、実物資料を用いてそのかたちや墨書から解き明かしていきます。


              上戸穂之助製作唐箕(丸亀市収集)

 


日時 平成31年2月9日(土曜日)
午後1時30分~午後3時
会場 瀬戸内海歴史民俗資料館 研修室
講師 当館 専門職員 織野英史
演題 唐箕の伝播をさぐる
定員 40名(先着順)
聴講料 無料
申し込み方法
【当館へのお申し込み】
電話、ファックス、もしくはハガキにて受け付けております。ハガキ、ファックスには講座名・氏名・住所・電話番号を明記して下さい。
【インターネットを利用したお申込み】
香川県ホームページの「かがわ電子自治体システム」を利用しインターネットからの申し込みもできます。
かがわ電子自治体システム
申し込み先 〒761-8001 高松市亀水町1412-2 瀬戸内海歴史民俗資料館
電話:087-881-4707/FAX:087-881-4784
ページの先頭へ