ホーム > 組織から探す > 漆芸研究所 > 香川県漆芸研究所 > お知らせ 香川県漆芸ホール展示案内 > 平成26年度玉楮象谷をしのぶ会を実施しました

ページID:8142

公開日:2020年12月10日

ここから本文です。

平成26年度玉楮象谷をしのぶ会を実施しました

4月17日、香川県漆芸研究所の研究生と職員が、香川漆芸の祖といわれる玉楮象谷をしのび、高松市立中央公園にある象谷像や周辺を清掃しました。昭和60年(1985年)から毎年4月に開催、今年で30回目。研究生らは、玉楮象谷の偉大な功績をたたえるとともに、後継者として一層精進することを誓いました。

初めて参加する新入生9人を含む、1〜3年の研究生と職員の計28人が作業に参加。

所長から玉楮象谷の功績や今に伝わる香川漆芸について説明。

一年の埃と汚れを丁寧に洗い落とす研究生。

象谷像の周辺一面に落ちていた落葉も掃き清めました。

象谷像は昭和33年(1958年)、没後90年を記念して顕彰委員会が彫刻家の故新田藤太郎に依頼して制作。題字は重要無形文化財保持者(人間国宝)故磯井如真によるもの。

江戸時代後期に活躍した玉楮象谷(1806〜1869年)が生み出した香川漆芸の技法。変遷する時代の中で若い後継者たちがどのように継承していくのか活躍が期待されます。

入所をお考えの方へ 修了者の職業について

受け継がれる伝統の技 実習風景が見学できます 展示販売コーナー
 研究生・研究員・修了者の声

香川県 香川県立ミュージアム 香川県文化会館 香川県立高松工芸高等学校(外部サイトへリンク)

このページに関するお問い合わせ