ホーム > 組織から探す > 漆芸研究所 > 香川県漆芸研究所 > お知らせ 香川県漆芸ホール展示案内 > 香川大学教育学部附属高松小学校の皆さんが見学に訪れました。

ページID:8133

公開日:2020年12月10日

ここから本文です。

香川大学教育学部附属高松小学校の皆さんが見学に訪れました。

7月9日、香川大学教育学部附属高松小学校1年生から6年生の30名の皆さんが、「高松市の良いところを発見し、PRしよう。」というプロジェクトの一環で、見学に訪れました。

彫漆の工程見本や作品を観賞しながら、
「一つの作品が完成するまで、何日かかるのですか?」
「展示している作品のそばに、どうして水の入ったコップを置いているのですか?」
「漆はいつから使われていたのですか?」
など、実習指導員に多くの質問がありました。

高松小学校生見学の様子1 高松小学校生見学の様子2

高松小学校生見学の様子3 高松小学校生見学の様子4

香川漆芸の3技法(蒟醤(きんま)・存清(ぞんせい)・彫漆(ちょうしつ))の違いを、手の感触で確かめます。

高松小学校生見学の様子5 高松小学校生見学の様子6

高松小学校生見学の様子7 高松小学校生見学の様子8

実習室では、今年4月に入所した研究生が、自分で使う彫刻刀を作っていました。漆芸研究所では、刷毛(はけ)や彫刻刀などの道具は自ら作ります。思い通りの作品を生み出すためには、自分の手に馴染む道具を作ることも大切なことです。

高松小学校生見学の様子9 高松小学校生見学の様子10

道具作りをみるのは初めての児童が多く、興味を持ったようです。

入所をお考えの方へ 修了者の職業について

受け継がれる伝統の技 実習風景が見学できます 展示販売コーナー 研究生・研究員・修了者の声

香川県 香川県立ミュージアム 香川県文化会館 香川県立高松工芸高等学校(外部サイトへリンク)

このページに関するお問い合わせ