ホーム > 組織から探す > 漆芸研究所 > 香川県漆芸研究所 > お知らせ 香川県漆芸ホール展示案内 > 香川県漆芸研究所創立60周年記念シンポジウムを開催

ページID:8127

公開日:2020年12月10日

ここから本文です。

香川県漆芸研究所創立60周年記念シンポジウムを開催

11月24日(月・振休)、午後、香川県漆芸研究所創立60周年記念シンポジウムを行いました。
第1部トークイベントでは、重要無形文化財蒔絵保持者の室瀬和美氏と、元プロサッカー選手で、引退後、日本各地を巡り伝統文化の魅力の発信に取り組む中田英寿氏が、「日本が世界に誇る漆の文化」をテーマに対談。それぞれの活動や思いを語り合いました。

第1部トークイベントの様子1 第1部トークイベントの様子2

第1部トークイベントの様子3 第1部トークイベントの様子4

室瀬氏は海外では「lacquer」と訳される「漆」を「urushi」として普及させる活動に取り組んでいます。中田氏からは来年開催されるミラノ万博で器をテーマに和食を提供する計画や、漆を使ったジュエリー制作の話がありました。室瀬氏は汁椀で漆椀を使っている人は多いが、飯椀で使っている人は意外と少ないことを指摘。料理が冷めにくい漆椀は飯椀にも向いているし、日本酒も味がよりまろやかになると紹介しました。日本人にも意外と知られていない漆の使い方や、美術品やジュエリーなどの高級品から日常使いのものまで幅広い用途があることを伝えていくことがもっと必要で、漆の強さ、美しさを一緒に発信しようと締めくくりました。

第2部では、「香川漆芸と香川県漆芸研究所」と題して、パネルディスカッションを行いました。はじめに高松市美術館美術課主幹の住谷晃一郎氏から、江戸時代末期、幕末にあらわれた玉楮象谷から始まった香川漆芸の歴史を紹介。続いて、香川県漆芸研究所の講師陣や修了者が漆芸研究所での思い出や、これからの香川漆芸についてディスカッションしました。

第2部パネルディスカッションの様子1 第2部パネルディスカッションの様子2

第2部パネルディスカッションの様子3 第2部パネルディスカッションの様子4

入所をお考えの方へ 修了者の職業について

受け継がれる伝統の技 実習風景が見学できます 展示販売コーナー
 研究生・研究員・修了者の声

香川県 香川県立ミュージアム 香川県文化会館 香川県立高松工芸高等学校(外部サイトへリンク)

このページに関するお問い合わせ