ページID:8118

公開日:2020年12月10日

ここから本文です。

「香川漆芸の技 蒟醤展」が始まりました。

現在、香川漆芸ホールでは「香川漆芸の技 蒟醤展」を開催しています。香川漆芸の伝統技法「蒟醤」は、故磯井如真をはじめ、磯井正美、太田儔、山下義人といった重要無形文化財保持者(人間国宝)を中心に進化発展してきました。「線彫り」から「点彫り」、「往復彫り」、「布目彫り」と新しい彫り方が次々と編み出され、蒟醤の表現領域を拡大してきました。今回の展示では、四人の人間国宝を含む10人の漆芸作家の作品14点を展示し、蒟醤の彫りが創り出す美を紹介します。

  1. 開催期間
    平成27年6月6日(土曜日)~8月2日(日曜日)
    会期中無休
  2. 開館時間
    午前9時~午後5時
    入館は午後4時30分まで
  3. 会場
    香川県漆芸研究所 香川漆芸ホール
    (香川県文化会館1階)
    高松市番町一丁目10番39号
    電話 087-831-1814
  4. 観覧料 無料
  5. 展示内容 展示作品一覧(PDF:124KB)

香川漆芸の技 蒟醤展(PDF:771KB)

入所をお考えの方へ 修了者の職業について

受け継がれる伝統の技 実習風景が見学できます 展示販売コーナー
 研究生・研究員・修了者の声

香川県 香川県立ミュージアム 香川県文化会館 香川県立高松工芸高等学校(外部サイトへリンク)

このページに関するお問い合わせ