ページID:8144

公開日:2020年12月10日

ここから本文です。

「籃胎蒟醬の世界 太田 儔 展」を開催

香川県漆芸研究所では、香川漆芸を身近に親しんでいただけるよう、1階香川漆芸ホールで定期的にテーマを変えて作品展を開催しています。

2月21日(金曜日)からは、昨年11月にご逝去された重要無形文化財蒟醬(きんま)保持者【人間国宝】太田儔先生の作品15点を展示します。竹を編んで作る『籃胎(らんたい)』の素地と『布目彫り蒟醬』の技法で漆器に絵画的な表現の世界を広げる太田儔の作品をじっくりとご鑑賞ください。
太田先生は作家として活躍する傍ら、長年にわたり当研究所の指導員として大勢の研究生を育成されました。

  1. 開催期間
    令和2年2月21日(金曜日)~令和2年3月22日(日曜日) ※期間中は無休
    ◆2月21日(金曜日)10時より、大谷早人氏が研究生に向けた作品解説を行います。
    一般の方も、参加申し込みなしでご参加いただけます。
  2. 開館時間
    午前9時~午後5時
  3. 会場
    香川県漆芸研究所 香川漆芸ホール
    (香川県文化会館1階)
    高松市番町一丁目10番39号
    電話 087-831-1814
  4. 観覧料 無料
  5. 展示内容 展示作品一覧(PDF:197KB)

太田 儔 展ポスターおもて(PDF:509KB) 太田 儔 展ポスターうら(PDF:197KB)

展示作品の一部をご紹介します

太田 儔

籃胎蒟醬箱「風薫る頃」
(らんたいきんまはこ「かぜかおるころ」)

平成21年制作

太田 儔

籃胎蒟醬香盒「道しるべ」
(らんたいきんまこうごう「みちしるべ」)

平成24年制作

入所をお考えの方へ 修了者の職業について

受け継がれる伝統の技 実習風景が見学できます 展示販売コーナー 研究生・研究員・修了者の声

香川県 香川県立ミュージアム 香川県文化会館 香川県立高松工芸高等学校(外部サイトへリンク)

このページに関するお問い合わせ