ページID:8149

公開日:2020年12月10日

ここから本文です。

「上品かつ繊細な技の魅力 存清展」を開催

香川県漆芸研究所では、香川漆芸を身近に親しんでいただけるよう、1階香川漆芸ホールで定期的にテーマを変えて作品展を開催しています。

3月28日(土曜日)からは、香川漆芸の三技法のひとつである『存清(ぞんせい)』の作品をあつめた「上品かつ繊細な技の魅力 存清展」を開催いたします。展示作品は当研究所の修了作品13点と指導員による存清の見本や制作工程などです。これらを通して、存清の技の魅力をご覧いただける展覧会となっています。

  1. 開催期間
    令和2年3月28日(土曜日)~令和2年5月31日(日曜日) 6月7日(日曜日)まで延長します。
  2. 開館時間
    午前9時~午後5時
  3. 会場
    香川県漆芸研究所香川漆芸ホール
    (香川県文化会館1階)
    高松市番町一丁目10番39号
    電話 087-831-1814
  4. 観覧料 無料
  5. 展示内容 展示作品一覧(PDF:61KB)

存清展ポスターおもて(PDF:832KB) 存清展ポスター裏(PDF:61KB)

展示作品の一部をご紹介します


大高 千鶴
乾漆存清小箱「紅姫」
(かんしつぞんせいこばこ「べにひめ」)

平成24年度修了作品

山下 加奈
乾漆存清苔生す標本箱
(かんしつぞんせいこけむすひょうほんばこ)

平成28年度修了作品

入所をお考えの方へ 修了者の職業について

受け継がれる伝統の技 実習風景が見学できます 展示販売コーナー
 研究生・研究員・修了者の声

香川県 香川県立ミュージアム 香川県文化会館 香川県立高松工芸高等学校(外部サイトへリンク)

このページに関するお問い合わせ