ホーム > 組織から探す > 漆芸研究所 > 香川県漆芸研究所 > お知らせ 香川県漆芸ホール展示案内 > 県立ミュージアムと高松市美術館を見学しました。

ページID:17720

公開日:2020年12月10日

ここから本文です。

県立ミュージアムと高松市美術館を見学しました。

7月10日(金曜日)午後、漆芸研究所の研究生19名と教職員6名は、香川県立ミュージアムにて香川漆芸の祖である玉楮象谷の作品を鑑賞しました。解説は『玉楮象谷伝』の著者 住谷晃一郎先生です。
常設展では、象谷が18個同じものを制作したとされる『堆黒松ヶ浦香合』3点を見ることができました。
また特別に『堆朱鼓箱』と『一角御印籠』を間近で見せていただける機会に恵まれ、象谷の代表作といわれる名品の工夫されたデザインと彫りの細かさに見入ってしまいました。
次に高松市美術館へ移動し、常設展にて石井磬堂をはじめとする彫りの名手による作品を鑑賞しました。香合という小さな器に凝縮された彫りの世界は、見ていて飽きることがありません。
その後、美術館近くにある象谷の家があったといわれる場所や、かつて活躍した漆芸家ゆかりの地を巡り、香川漆芸のはじまりと発展へ思いを馳せる授業となりました。

見学の様子

見学の様子1

見学の様子2

見学の様子3

見学の様子4

入所をお考えの方へ 修了者の職業について

受け継がれる伝統の技実習風景が見学できます 展示販売コーナー 研究生・研究員・修了者の声

香川県 香川県立ミュージアム 香川県文化会館 香川県立高松工芸高等学校(外部サイトへリンク)

このページに関するお問い合わせ