ページID:16038

公開日:2020年12月10日

ここから本文です。

香川漆芸講演会に参加しました。

8月18日(火曜日)、香川県文化会館にて金沢美術工芸大学教授の田中信行氏による講演会「漆塗りの造形世界―漆が喚起するもの―」が行われ、研究生19名も参加しました。
田中氏は、漆の質感を生かした独自の造形表現を追求しており、海外での展覧会にも多数参加されています。
講演会の前半では、作品制作の際の考え方や漆という素材を作品表現にどう生かすか、現代社会の中に漆の魅力をどう取り込んでいくかを考えることの必要性などを、田中氏の作品や展示会の写真を交えてお話しいただきました。後半では、事前に希望のあった漆芸研究所の修了生などの若手漆芸作家に作品のアドバイスや指導を個別にしていただきました。
今後作品を制作していく研究生にとって、自身の制作活動について考えるきっかけとなる講義でした。

香川漆芸講演会の様子

入所をお考えの方 修了生の進路について

受け継がれる伝統の技実習風景が見学できます 展示販売コーナー 研究生・研究員・修了者の声

香川県 香川県立ミュージアム 香川県文化会館 香川県立高松工芸高等学校(外部サイトへリンク)

このページに関するお問い合わせ