ホーム > 組織から探す > 漆芸研究所 > 香川県漆芸研究所 > お知らせ 香川県漆芸ホール展示案内 > 松原弘明氏が第38回日本伝統漆芸展 文部科学大臣賞を受賞しました。

ページID:18159

公開日:2020年12月10日

ここから本文です。

松原弘明氏が第38回日本伝統漆芸展 文部科学大臣賞を受賞しました。

【松原弘明氏が第38回日本伝統漆芸展 文部科学大臣賞を受賞しました。】

漆芸研究所の修了者で、現在、彫漆の工芸指導員を務める松原弘明氏が『彫漆盛器「早春」』で第38回日本伝統漆芸展の文部科学大臣賞を受賞しました。
松原氏は、同展第16回、第25回に続き3度目の最高賞受賞となります。
昭和62年度に当研究所の研究生課程を修了した松原氏は、人間国宝の音丸耕堂に師事、その後は漆芸作家として活動しながら平成18年より当研究所の工芸指導員として後進の指導にあたっています。

同じく工芸指導員の石原雅員氏(昭和53年度修了)が『堆漆象嵌蔓草文小箱』でMOA美術館賞を受賞したほか、研究員の小林由実さんが初入選するなど多くの修了者の努力が実を結んでいます。

松原弘明氏の喜びの声です。
「今回2点の彫漆技法の作品が受賞でき、香川漆芸を少しアピールできたので、嬉しく思います。」

入所をお考えの方 修了生の進路について 修了生作品ライブラリー

受け継がれる伝統の技 実習風景が見学できます 展示販売コーナー 研究生・研究員・修了者の声

香川県 香川県立ミュージアム 香川県文化会館 香川県立高松工芸高等学校(外部サイトへリンク)

このページに関するお問い合わせ