体を温める食べ物で冷え性を撃退!


 寒い時期、あなたは冷え性で悩んでいませんか?
 冷え性は、年齢や性別に関係ありません。
 冷え性を特別に病気とみることは少ないようですが、あなどってはならない症状の一つといわれています。冷え性にともなって、貧血、アレルギー疾患、腰痛、不妊症、神経痛、更年期障害などの病気がおきるということです。
 症状としては、足、腰、手先などに外気温とは関係なく、ほぼ慢性的に冷たさを覚え、しかもある独特な不快感を感じるという特徴があるようです。このような人は特に、十分な睡眠や適度な運動をするなど規則正しい生活を送ることが大切です。そして、栄養のバランスを考えながら体を温める食事をするよう心がけることも大切です。 
 食べ物には、たんぱく質や炭水化物・脂肪などの栄養素による分類のほかに、漢方的な「陰陽」の考え方による分類があります。体を温めるものは陽性、体を冷やすものは陰性、それらにあてはまらないものを中庸の食べ物とします。
 冷え性予防のための献立を考えるとき、「陰陽」の考えを意識して組み合わせるといいでしょう。
山盛りの野菜を前にして陰性か陽性かを考えていて女の子のイラスト
 生鮮食品(魚・野菜・果物など)の場合は、それぞれ「旬」がありますので、それを知って冬は陽性のものを、夏は陰性のものを意識して、それらを適当に組み入れて料理をしましょう。
 なお、キュウリやトマトなどは、一年中出回っていますが、それらは「夏」が「旬」なので陰性野菜(体を冷やす)として夏季に食べたい食材です。

                        陽性、陰性、中庸の食べ物

  陽性の食べ物
(体を温める食べ物)
中庸の食べ物 陰性の食べ物
(体を冷やす食べ物)
寒い涼しい土地や気候の時に取れる物。
ゆっくり育つ物。
堅くて水分の少ない物。
  暑い暖かい土地や気候の時に取れる物。
早く育つ物。
大きくて柔らかくて水分の多い物。
穀類 麹、酒の粕、もち米 米、粟、ひえ、きび、とうもろこし、ごま、大豆、豆腐、そら豆、白いんげん、小豆 小麦、小麦粉、そば、そば粉、くず粉、はとむぎ、緑豆
野菜類 にんじん、ニラ、ねぎ、にんにく、たまねぎ、しそ、かぼちゃ、ピーマン、菊の花、山椒、生姜、自然薯、梅干、加熱した大根 キャベツ、じゃがいも、ブロッコリー、きくらげ、小松菜、ぎんなん、白菜、しいたけ、百合根、甘藷、いんげん、グリンピース、らっきょう ほうれん草、はす、春菊、高菜、たけのこ、大根、くわい、きゅうり、アスパラ、とうがん、トマト、なす、もやし、セロリ、レタス、まくわうり、せり、ゴーヤ
海藻類   寒天 昆布、のり、わかめ、ひじき
果実類 りんご、パパイヤ、さくらんぼ、きんかん、竜眼、栗、くるみ、松の実、レイシ、ほしぶどう、桃、ピーナッツ ぶどう、いちじく、あんず、びわ、干し柿、はすの実、なつめ、かぼちゃの実 すいか、メロン、梨、柿、みかん、(柑橘類)、レモン、キウイ、バナナ、ザボン、パイナップル、プルーン
魚介類 うなぎ、ふな、あじ、えび、くらげ、きびなご、なまこ、白身魚(鯛等)、いわし、ふぐ こい、あわび、赤貝、どじょう、貝柱、いか、すっぽん、しらす、ふかひれ かに、たこ、くらげ、エスカルゴ、あさり、かき、しじみ、はまぐり、あわび
肉類
乳類
卵類
羊肉、羊乳、鶏肉、牛肉、色の濃いチーズ 鶏肉、豚肉、鴨肉、ツバメの巣、鶏卵 牛乳、バター
調味料 こしょう、カレー粉、とうがらし、からし、酒、黒砂糖、水あめ、味噌、黒酢、ごま油 はちみつ、醤油、食塩  
嗜好品 コーヒー、あめ類、ココア、はぶ茶、クコ茶、よもぎ茶 紅茶 日本茶、中国茶、冷たい飲み物、サイダー、コーラ、氷、ビール、アイスクリーム
*この分類は産地や生育法や調理法によって変化することがあります。一つの参考としてお考えください。


キムチ鍋
 白菜キムチのキムチは、とうがらしやにんにくがたっぷり入っていて、体の内からもホカホカと温まります。キムチを使った鍋は、寒い夜にぴったりの料理です。

〈材料〉4〜5人分

白菜キムチ・・・・・300g
豚ロース薄切り・・300g
生カキ・・・・・・・・・1パック
木綿豆腐・・・・・・1丁
ニラ・・・・・・・・・・・2束
エノキ茸・・・・・・・200g
昆布・・・・・・・・・・15cm

〈作り方〉

1鍋に水カップ8杯と、昆布を入れて火にかける。
2白菜キムチの白菜が大きい場合は、4〜5cmに切る(汁も使う)。豚肉は、食べやすい大きさに切る。えのき茸は、根元を落として適当にほぐす。豆腐は、大きめにそぎぎりする。ニラは、5cmほどのざく切り。
3鍋が煮立ったら昆布を引き上げ、キムチ、豚肉、えのき茸を入れ、酒大さじ3、味噌大さじ1、で味をつけ、豆腐とニラを入れます。煮立つ寸前にカキをいれ、火を止める。



もどる