トップページ » お知らせ 香川漆芸ホール展示案内:バックナンバー » 5月
お知らせ 香川県漆芸ホール展示案内
  • 受け継がれる伝統の技 実習風景が見学できます
  • 展示販売コーナー
  • 研究生・研究員・修了者の声
  • 香川県
  • 香川県立ミュージアム
  • 香川県文化会館
  • 香川県立高松工芸高等学校
 
【香川漆芸の技「彫漆展」を開催します。】

江戸時代以来約200年の歴史がある香川漆芸三技法(蒟醬(きんま)存清(ぞんせい)彫漆(ちょうしつ))のうち、「彫漆」を紹介する展示会を開催します。
香川県漆芸研究所が所蔵する重要無形文化財保持者(人間国宝)音丸耕堂の作品を始め、その門下であり当研究所の工芸指導員や当研究所を修了し現在第一線で活躍している作家など 13人の作品27点を展示し、その漆芸美を伝えます。
25年度に新たに制作した彫漆の工程見本も展示し、その技法を分かりやすく紹介します。


1 展示期間 平成26年5月31日(土)〜8月24日(日)会期中無休

2 開館時間 午前9時〜午後5時

3 会  場 香川県漆芸研究所 漆芸ホール(香川県文化会館1階)   
高松市番町一丁目10番39号  п@087−831−1814

4 観 覧 料 無 料

5 主な展示作品 
音丸耕堂 (重要無形文化財彫漆保持者(人間国宝)、故人) 彫漆延齢草菓子器
中島光夫 (香川県指定無形文化財彫漆保持者)堆漆丸筥「華の舞」
北岡省三 (香川県指定無形文化財彫漆保持者)彫漆箱「早春譜」
石原雅員 (香川県指定無形文化財彫漆保持者) 彫漆小箪笥早春譜

(参考)  
彫漆は、各種の色漆を数十回から数百回塗り重ねて色漆の層(100回で厚さ約3mm)を作り、その層を彫り下げることによって文様を浮き彫りにする技法です。 彫りそのものによる立体感と彫りの深さによって変わる色の対照が、独特の美を生み出します。


香川県漆芸研究所
〒760-0017 香川県高松市番町1丁目10番39号
Tel:087-831-1814  Fax:087-831-1807
Copyright(c)Urushi Lacquer Ware Institute 2010.All rights reserved.