トップページ » お知らせ 香川漆芸ホール展示案内:バックナンバー » 1月
お知らせ 香川県漆芸ホール展示案内
  • 受け継がれる伝統の技 実習風景が見学できます
  • 展示販売コーナー
  • 研究生・研究員・修了者の声
  • 携帯サイトにアクセス!
  • 香川県
  • 香川県立ミュージアム
  • 香川県文化会館
  • 香川県立高松工芸高等学校

【竹のカタチとうるし「籃胎展」を開催します。】

1月9日から、香川漆芸ホールにて竹のカタチとうるし「籃胎展」を開催します。

漆器の素地には、木、竹、紙、布、皮革、金属、陶磁など様々な素材があります。籃胎は竹ヒゴを編んだものを素地とする方法です。竹材は物差しの材料として使われているように、温度、湿度の変化によるゆがみが少なく、軽くて丈夫なのが特長です。香川では江戸時代に香川漆芸の祖といわれる玉楮象谷(たまかじぞうこく)によって籃胎漆器が作られて以来、漆器の素地に籃胎が使われてきました。

 今回の展示では、「籃胎」について理解を深めていただけるよう、籃胎を素地とする蒟醬作品6点と、籃胎工程見本、竹ヒゴを作る際の道具、さらに、福岡県久留米で作られている「久留米籃胎」の工程見本も併せて展示します。

 また、平成27年度香川県文化功労者に選ばれた大谷早人氏(香川県漆芸研究所工芸指導員)の籃胎蒟醬作品2点も展示します。



1 開催期間
  平成28年1月9日(土)〜平成28年3月14日(月)
  会期中無休

2 開館時間  
  午前9時〜午後5時

3 会  場  
  香川県漆芸研究所 香川漆芸ホール
  (香川県文化会館1階)           
  高松市番町一丁目10番39号
  電話 087−831−1814

4 観 覧 料  無料

5 展示内容 展示作品一覧 ←こちらをクリック







香川県漆芸研究所
〒760-0017 香川県高松市番町1丁目10番39号
Tel:087-831-1814  Fax:087-831-1807
Copyright(c)Urushi Lacquer Ware Institute 2010.All rights reserved.