トップページ » お知らせ 香川漆芸ホール展示案内:バックナンバー » 12月
お知らせ 香川県漆芸ホール展示案内
  • 受け継がれる伝統の技 実習風景が見学できます
  • 展示販売コーナー
  • 研究生・研究員・修了者の声
  • 香川県
  • 携帯サイトにアクセス!香川県立ミュージアム
  • 香川県文化会館
  • 香川県立高松工芸高等学校

平成28年度の「冬の漆芸体験教室」レポートです!

【冬の漆芸体験教室を開催しました。】

  12月4日、香川県漆芸研究所において、恒例の「冬の漆芸体験教室」を開催しました。午前午後合わせて18名の参加者が、堆漆板を紙やすり等で削り、磨き上げてオリジナルのペンダントトップを制作しました。香川漆芸に対する理解を深め、身近に親しんでいただけたことと思います。

堆漆板〔ついしつばん〕とは、
 色漆〔いろうるし〕を何十回も塗り重ねて厚い漆の層になっている、漆100%の無垢
〔むく〕の板のことです。今回は130回ほど塗り重ねたものを使用しました。1日に1回塗り乾かすので、最短でも130日はかかっています。

◆まずは指導員から大まかな作業の流れがレクチャーされます。



◆指導員と相談し、デザインを考えます。



◆次に大まかな形を作り、それを削って様々な色を出します。



◆数種類の紙ヤスリを使用し、表面の傷がある程度とれたら、水研ぎです。
 いよいよ仕上げの作業に入ります。



◆素敵なペンダントトップが出来上がりました。
   
 



香川県漆芸研究所
〒760-0017 香川県高松市番町1丁目10番39号
Tel:087-831-1814  Fax:087-831-1807
Copyright(c)Urushi Lacquer Ware Institute 2010.All rights reserved.