トップページ » お知らせ 香川漆芸ホール展示案内:バックナンバー » 7月
お知らせ 香川県漆芸ホール展示案内
  • 受け継がれる伝統の技 実習風景が見学できます
  • 展示販売コーナー
  • 研究生・研究員・修了者の声
  • 香川県
  • 香川県立ミュージアム
  • 香川県文化会館
  • 香川県立高松工芸高等学校

【「石井磬堂・音丸耕堂展」を開催します。】

 高松松平家歴史資料で香川県立ミュージアム所蔵の石井磬堂(けいどう)作「狭貫彫 堆朱料紙文庫(さぬきほりついしゅりょうしぶんこ)」は、大正十五年(1926)の作品で、外箱の箱書には「今、この料紙文庫と硯箱の図を見るに、意を写し、尚運刀精緻にして、両品相待って完作と為す」とあることから、もともとこの料紙文庫は硯箱(すずりばこ)とセットであることは知られていました。しかしその後、硯箱のほうの所在がわからなくなり、長らく磬堂の失われた名品として美術関係者や愛好家のなかで惜しまれていました。
 この硯箱が再び姿を現したのは平成二十八年(2016)のことでした。様々な調整を経て、このたび香川県の所有となり、石井磬堂の代表作である「狭貫彫 堆朱料紙文庫」、「同 堆朱硯箱」が、本来の一揃いのセットで県立ミュージアムに収蔵されることになりました。このことは、江戸末期の玉楮象谷(たまかじ ぞうこく)に始まり、石井磬堂から音丸耕堂(おとまる こうどう)につながる本県漆芸、とりわけ彫漆の分野において非常に重要な意義を持つものです。
 本展では石井磬堂作「狭貫彫 堆朱硯箱」の収蔵を記念して、同「狭貫彫堆朱料紙文庫」と一揃いにして初公開するとともに、磬堂の内弟子となり、後に人間国宝となった音丸耕堂の作品(県立ミュージアム蔵)もあわせて展示し、石井磬堂から音丸耕堂につながる彫漆の系譜を、15点の作品等で紹介します。


1 開催期間
  令和元年7月27日(土)〜令和元年8月21日(日)
    ※開展式・内覧会 7月26日(金)午後3時30分〜
    ※展示解説    7月27日(土)午後1時30分〜    

2 開館時間  
  午前9時〜午後5時

3 会  場  
  香川県文化会館 1階 香川漆芸ホール
    高松市番町一丁目10番39号
    電話 087−831−1814

4 観 覧 料  無料

5 主   催  香川県立ミュージアム・香川県漆芸研究所

 6 展示内容 
磬堂展チラシおもて
磬堂展チラシうら

    


香川県漆芸研究所
〒760-0017 香川県高松市番町1丁目10番39号
Tel:087-831-1814  Fax:087-831-1807
Copyright(c)Urushi Lacquer Ware Institute 2010.All rights reserved.