条文目次このページを閉じる


香川県国民健康保険運営協議会条例

平成28年12月26日
条例第44号

改正

平成30年3月23日条例第15号

  


香川県国民健康保険運営協議会条例をここに公布する。
香川県国民健康保険運営協議会条例
(設置)
第1条 国民健康保険事業の運営に関する事項を審議するため、国民健康保険法(昭和33年法律第192号)第11条第1項の規定に基づき、香川県国民健康保険運営協議会(以下「協議会」という。)を置く。
一部改正〔平成30年条例15号〕
(組織)
第2条 協議会は、次の各号に掲げる委員をもって組織し、その定数は、当該各号に定める数とする。
(1) 被保険者を代表する委員 3人
(2) 保険医又は保険薬剤師を代表する委員 3人
(3) 公益を代表する委員 3人
(4) 被用者保険等保険者を代表する委員 2人
 委員は、知事が任命する。
一部改正〔平成30年条例15号〕
(会長)
第3条 協議会に、会長を置き、公益を代表する委員のうちから、委員が選挙する。
 会長は、会務を総理し、協議会を代表する。
 会長に事故があるときは、第1項の規定に準じて選挙された委員が、その職務を代理する。
一部改正〔平成30年条例15号〕
(会議)
第4条 協議会の会議は、会長が招集する。
 協議会は、委員の過半数が出席しなければ、会議を開き、議決をすることができない。
 協議会の議事は、出席した委員の過半数をもって決し、可否同数のときは、会長の決するところによる。
一部改正〔平成30年条例15号〕
(雑則)
第5条 この条例に定めるもののほか、協議会の運営に関し必要な事項は、会長が協議会に諮って定める。
一部改正〔平成30年条例15号〕
附 則
(施行期日)
 この条例は、公布の日から施行する。
(経過措置)
 この条例の施行の日から平成29年3月31日までの間における第3条第1項第4号の規定の適用については、同号中「高齢者の医療の確保に関する法律(昭和57年法律第80号)第7条第3項に規定する被用者保険等保険者」とあるのは、「国民健康保険法附則第10条第1項に規定する被用者保険等保険者(健康保険法第123条第1項の規定による保険者としての全国健康保険協会を除く。)」とする。
(附属機関を構成する委員その他の構成員の報酬等に関する条例の一部改正)
 附属機関を構成する委員その他の構成員の報酬等に関する条例(昭和32年香川県条例第43号)の一部を次のように改正する。
(次のよう略)
附 則(平成30年3月23日条例第15号)
この条例は、平成30年4月1日から施行する。



このページの先頭へ条文目次このページを閉じる