ホーム > 組織から探す > 水産課 > 漁業振興 > 赤潮対策について > 令和3年度赤潮警報第4号の解除について

ページID:25953

公開日:2021年7月27日

ここから本文です。

令和3年度赤潮警報第4号の解除について

香川県魚類養殖業赤潮対策本部(本部長:香川県漁業協同組合連合会長嶋野勝路)は、7月14日に発令された赤潮警報第4号を、本日解除することを決定しました。

なお、香川県下全海域に発令中の赤潮注意報第5号は継続していることから、県及び赤潮対策本部は引き続き沖合臨時調査を強化し、関係漁協は十分に漁場を監視して状況に応じて漁場調査を強化します。

理由

沖合調査および漁場調査の結果、備讃瀬戸西部海域において、有害赤潮の原因プランクトンであるシャットネラ(アンティカ、マリーナ、オバータ)の密度が、赤潮警報発令基準を3日の調査(7月22日、23日、27日)で連続して下回り、解除基準を満たしたことによる。

(注)警報発令中の漁業被害の情報はありませんでした。

参考

シャットネラ(アンティカ、マリーナ、オバータ)の赤潮注意報・警報発令基準

  • 注意報:複数調査点で1ミリリットル当たり1細胞に達したとき。
  • 警報:複数調査点で1ミリリットル当たり10細胞に達したとき。

(注)1ミリリットル当たり100細胞あたりから魚類のへい死が起こる恐れがある。

赤潮注意報・警報解除基準

  • 注意報:注意報発令基準を10日連続して下回った場合。
  • 警報:警報発令基準を3日の調査で連続して下回った場合。

本年度の注意報・警報発令状況

区分 回次 発令月日 対象プランクトン 対象海域 備考
注意報 第1号 5月20日 シャットネラ(アンティカ、マリーナ、オバータ) 三豊市詫間町三崎と岡山県六島東端見通し延長線以西の香川県海域 注意報第2号に切り替え
注意報 第2号 5月28日 シャットネラ(アンティカ、マリーナ、オバータ) 高松市大槌島、小槌島見通し延長線以西の香川県海域 注意報第3号に切り替え
注意報 第3号 6月3日 シャットネラ(アンティカ、マリーナ、オバータ) 高松市庵治町竹居観音崎と小豆島地蔵埼を結んだ線以西の香川県海域 注意報第4号に切り替え
注意報 第4号 6月11日 シャットネラ(アンティカ、マリーナ、オバータ) さぬき市大串岬と小豆島町地蔵埼を結んだ線以西の香川県海域 注意報第5号に切り替え
注意報 第5号 6月15日 シャットネラ(アンティカ、マリーナ、オバータ) 香川県下全海域 発令中
警報 第1号 6月8日 シャットネラ(アンティカ、マリーナ、オバータ) 備讃瀬戸西部海域 6月25日解除
警報 第2号 7月10日 シャットネラ(アンティカ、マリーナ、オバータ) 東かがわ市引田地先海域 7月22日解除
警報 第3号 7月12日 シャットネラ(アンティカ、マリーナ、オバータ) 東かがわ市白鳥からさぬき市津田町に至る地先海域 7月26日解除
警報 第4号 7月14日 シャットネラ(アンティカ、マリーナ、オバータ) 備讃瀬戸西部海域 今回解除
警報 第5号 7月19日 シャットネラ(アンティカ、マリーナ、オバータ) さぬき市小田周辺の備讃瀬戸東部海域 7月22日解除

 

このページに関するお問い合わせ

農政水産部水産課

電話:087-832-3471

FAX:087-806-0200