取り組み活動の紹介 環境に配慮した事例

となりの池の水は冷たかった

池の改修工事をする際には、池の水を落水(らくすい)するため、池の中に生息する生物を保全する必要があります。この池には、香川県レッドデータブックで絶滅危惧I類に指定されている希少野生生物「ニッポンバラタナゴ」が生息していたため、工事期間中、生息環境のよく似た近くの池に引っ越しをさせました。

引っ越しをする先の池は、「ニッポンバラタナゴ」の生息に必要な「ドブガイ」(淡水産貝類)などが生息しているか、オオクチバス(通称 ブラックバス)やブルーギルのように外国から入ってきた種(しゅ)がいないかなど、前もって十分に調査してから選びました。これは、「ニッポンバラタナゴ」が周りの生きものたちから影響を受けやすいサカナだからです。

工事が終わって整備された池には、引っ越し先の池からもとの池に戻してあげました。このように工事をする人たちも、自然環境を守っていく取り組みを行っています。

その後、「ニッポンバラタナゴ」は、新しくきれいになった池で元気に泳ぎ回って暮らしています。

ページの先頭へ