讃岐の水・土・里(みどり) 行事・祭り

滝宮念仏踊り

滝宮念仏踊りは、伝説によると、仁和4年(888年)の大干ばつで農民が苦しんでいるのを見て、時の国司 菅原道真が城山の神に降雨を祈願、断食7日の祈願の結果、大雨が降った。喜んだ農民たちは道真の屋敷の庭に集まり、感謝の踊りを行ったのが始まりだと言われており、後に讃岐に流された法然上人が仏教を広めるため「南無阿弥陀仏」をこの踊りに取り入れたことから、念仏踊りと呼ばれるようになったと伝えられています。

毎年8月25日(昔は7月25日)に滝宮神社と滝宮天満宮の境内で行っており、その前日は傘揃いといって、準備のために勢ぞろいします。踊り役は騎馬、帯刀、長刀、抜刀、棒突き、青竹突き、願成就、下知、かね打ち、太鼓打ち、子踊りなどを加えると数十人にのぼります。当日は、ほら貝を吹くものが先頭に立ち、行列をつくって神社境内に入り、ゲンジ(下知役)の指揮に従い「南無阿弥どうや」のはやし言葉に合わせて踊ります。(出典:香川用水史)

ページの先頭へ