讃岐の水・土・里(みどり) 行事・祭り

虫送り

虫送りとは、稲の虫害を防ぐために行われる行事です。

土庄町肥土山では多聞寺近くの虫塚で稲虫供養が行われ、そのあと太陽からとった火種をホテと呼ばれるたいまつに移しそれをかざしながら田んぼの畔を走ります。そして、蓬莱橋に向かい、ホテを伝法川の中に投げ込みます。

虫送りのことを、肥土山ではイナムシオクリ、丸亀市広島ではオガオクリ、香川郡直島町ではノマワリ、三豊郡山本町ではデンデコなどと呼んでいます。

早苗(さなえ)が植わった夕暮れの水田に、炎が映る光景は叙情あふれる風物詩です。

ページの先頭へ