農業農村整備の各種事業紹介 中山間地域の整備

中山間地域の整備

中山間地域とは

中山間地域とは、『農林統計の地域区分の一つであり、平野の周辺部から山地に至る、平坦な耕地の少ない地域。日本の耕地全体の40%を占める。(広辞苑)』また、『山間地及びその周辺の平地以外の地域その他の地勢等の地理的条件が悪く農業の生産が不利な地域』となっておりますが、一般的には平成2年度から導入された「農林統計に用いる農業地域類型」に区分された中間農業地域と山間農業地域を指すものと考えられています。

しかし、農業農村整備においては、農林統計上の区分とは異なり、諸条件が不利な地域への地域振興立法5法(1.特定農山村地域における農林業等の活性化のための基盤整備の促進に関する法律、2.山村振興法、3.過疎地域自立促進特別措置法、4.半島振興法、5.離島振興法)に該当する地域を中山間地域としています。ちなみに、本県では、5法のうちの4.半島振興地域に該当する地域がないため、4法指定地域を中山間地域といいます。

番号 市町名 地域振興に係る5法指定地域 中山間対象地域
過疎地域 振興山村地域 離島振興地域 半島
振興地域
特定
農山村地域
1 高松市 旧塩江町 旧塩江町 男木島・女木島・大島   弦打村・雌雄島村・旧塩江町・安原村
2 丸亀市     ※1   本島村・広島村
3 坂出市     ※2  
4 善通寺市            
5 観音寺市   五郷村 伊吹島   五郷村
6 さぬき市   多和村     松尾村・多和村
7 東かがわ市 小海村・福栄村・五名村     旧引田町・福栄村・五名村
8 三豊市     粟島・志々島   二の宮村・麻村・旧仁尾町・旧財田町
9 土庄町   ※3   大部村
10 小豆島町   小豆島   旧内海町
11 三木町            
12 直島町      
13 綾川町 旧綾上町 枌所村     枌所村
14 宇多津町            
15 まんのう町 美合村・七箇村     七箇村・旧琴南町
16 琴平町       琴平町
17 多度津町     佐柳島・高見島    
8市町 6市町 9市町   12市町 14市町

※1:本島・牛島・広島・手島・小手島

※2:与島・鍋島・小与島・岩黒島・櫃石島

※3:豊島、小豊島、小豆島、沖之島

中山間地域の状況

小豆島町中山の棚田

全国的に中山間地域の割合は、耕地面積で40.0%を占めていますが、本県の場合は、30.2%で全国の約8割程度となっています。

香川県の中山間地域の概要

区分 中山間地域(1) 県全体(2) 中山間地域の割合
(1)/(2)(%)
資料
市町数(市町) 14 17 47.1 H29.4
現在
総面積(ha) 99,339 187,673 52.9 H27
農林業センサス
耕地面積(ha) 5,779 19,675 29.4 H27
農林業センサス
林野面積(ha) 62,065 87,118 71.2 H27
農林業センサス
総世帯数(戸) 72,402 398,551 18.2 H27
国勢調査
総人口(人) 181,848 976,263 18.6 H27
国勢調査
農家戸数(戸) 10.232 35,053 29.2 H27
農林業センサス
農家人口(人) 19,950 70,957 28.1 H27
農林業センサス

中山間地域の整備

自然的、社会的条件に恵まれない中山間地域は、農業従事者の減少や高齢化などにより地域の活力や地域が有する多面的機能の低下が生じているため、ほ場整備、農業用用排水施設などの各種生産基盤や集落道路、農村公園、活性化施設などの生活環境等の整備、土地改良施設を活用した環境整備を総合的に実施するとともに、国と県の原資をもとに基金を積立し、その運用益金により中山間地域等の保全整備などを通じて、地域における定住の促進や県土の保全、地域住民と都市住民との共生・対流を促進し地域の活性化を図っています。

ほ場の整備

山南地区(三木町中山)

白鳥地区(東かがわ市大樽)

ため池の整備

中讃南部地区 新池(まんのう町佐文)

営農飲雑用水の整備

中讃南部地区(まんのう町下福家)

活性化施設の整備

中讃南部地区(まんのう町炭所)

農道の整備

山南地区(三木町小蓑)

水環境の整備

白鳥地区(東かがわ市帰来)

奥中山地区(小豆島町中山)

ページの先頭へ