ページID:12818

公開日:2020年12月10日

ここから本文です。

農村の景観に配慮しました

のどかな農村風景が広がる地域でため池や水路の工事を行う場合は、周辺景観への配慮が必要となります。自然石を使用したり、植物が生息できる土の部分を残すなどの工夫をしています。

自然石1 自然石2

最近では、周辺の景観に合うようなデザインのコンクリート製品も開発されています。石に似た模様で見た目がよいだけでなく、動物や植物が生息できるようにすき間や穴が開いているのが特長です。

周辺の景観に合うようなデザインのコンクリート製品1 周辺の景観に合うようなデザインのコンクリート製品2

ためきちプロフィール

このページに関するお問い合わせ