ホーム > 組織から探す > 薬務感染症対策課 > 香川県感染症情報 > 肝炎対策 > 第二次香川県肝炎対策推進計画を策定しました

ページID:7151

公開日:2017年3月21日

ここから本文です。

第二次香川県肝炎対策推進計画を策定しました

計画策定の趣旨

B型肝炎・C型肝炎は、国内最大の感染症であり、放置すると肝硬変や肝がんに進行するおそれがあることから、B型肝炎・C型肝炎に係る対策が重要な課題となっています。
香川県では肝炎対策の取り組むべき方向性を明確にするため、平成26年3月に「香川県肝炎対策推進計画」を策定し、肝疾患診療体制の整備、保健所や委託医療機関での無料肝炎ウイルス検査の実施、肝炎治療の医療費助成などの様々な肝炎対策に取り組んできたところです。

本計画は、平成28年6月に国の「肝炎対策の推進に関する基本的な指針」が改正されたことを受け、平成26年度から平成30年度までを計画期間とした「香川県肝炎対策推進計画」について、必要な見直しを行い、更なる肝炎対策の充実を図るために第二次計画として策定するものです。

計画の位置づけ及び期間

  • 本計画は、肝炎対策基本法及び肝炎対策の推進に関する基本的な指針に基づき策定するものです。
  • 計画期間は平成29年度から平成33年度までの5年間とします。
    ただし、必要があるときは、5年を経過する前でも計画の見直しについて検討を行います。

※平成26年3月に策定した「香川県肝炎対策推進計画」の計画期間は、当初、平成30年度までとしていましたが、平成28年6月に国の「肝炎対策の推進に関する基本的な指針」が全文改正されたことに伴い、計画期間の途中に見直しを行っています。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部薬務感染症対策課

電話:087-832-3302,3303,3304

FAX:087-861-1421