ホーム > 組織から探す > 薬務感染症対策課 > 香川県感染症情報 > 感染症情報 > 検査を実施する事業者の募集について

ページID:28909

公開日:2022年1月26日

ここから本文です。

検査を実施する事業者の募集について

1月21日 事業者登録を希望される事業所へのお知らせ

感染者が全国的に急増し、無料検査のほか、対応の必要な有症状の方に対応するため、PCR検査や抗原定性検査に使用する検査キット等が一時的に全国で不足している状況です。

このため、登録事業者の募集を1月22日から一旦停止しますので、ご理解をお願いします。
なお、事業者の募集を再開する場合はこちらでお知らせします。
また、1月21日までに計画書が事務局に届いている場合は登録対象とします。

ワクチン検査パッケージ・対象者全員検査制度等による無料検査を実施する事業者(医療機関、薬局、衛生検査所、ワクチン検査パッケージ・対象者全員検査制度等登録事業者のいずれかである必要があります)を募集します。
検査実施を希望する事業者は、以下の交付要件や応募方法に沿って実施計画等を提出ください。

※医療機関・薬局・衛生検査所と、飲食店やイベント主催者の方で提出書類が異なりますので、以下目次から対象の項目を参照ください。

 

~目次~

 

PCR等検査無料化事業の概要

(1)ワクチン検査パッケージ・対象者全員検査等定着促進事業

無症状の方を対象として、「ワクチン検査パッケージ・対象者全員検査制制度(※)」及び「飲食、イベント、旅行・帰省等の活動の際に検査結果を確認する民間の取組」のために必要な検査を無料化します。

対象者

  • 無症状の方

実施期間

  • 令和3年12月下旬から令和4年3月31日まで

    ※「ワクチン検査パッケージ・対象者全員検査制度」
    飲食店やイベント主催者等が利用者全員の検査結果の陰性を確認することにより、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置等において課される行動制限を緩和する制度です。
    なお、本事業による無料検査の実施は、令和4年3月31日までとなります。

(2)感染拡大傾向時の一般検査事業 

感染拡大の傾向が見られる場合に、知事の判断により、感染リスクが高い環境にある等のため感染不安を感じる無症状の住民に対し、特措法第24条第9項等に基づき検査受検を要請し、要請に応じた住民が受検する検査を無料とする事業を実施することとします。

対象者

  • 感染リスクが高い環境にある等のため、感染不安を感じる住民の方
    (香川県在住の方。)

実施期間

  • 感染拡大傾向が見られる場合に、知事が必要と認める期間
    ※現在、2月28日まで実施されています。

無料検査の流れ 

※詳細は以下の応募方法・提出書類なども参照ください。

(1)対象者から検査申込

  • 所定の申込書の記入、身分証明書等の提示
    ※ワクチン検査パッケージ・対象者全員検査等定着促進事業で受検する場合は以下いずれかの提示が必要です。
     ①検査結果を使用するイベント等の概要・日付がわかる予約票等
     ②申立書(第3号様式)
  • 原則として予約不要とする。

(2)実施事業者における検査

  • 以下のいずれかの方法により検査を実施

ア PCR検査等(LAMP法等の核酸増幅法、抗原定量検査を含む。以下同じ。)

 1.検体(唾液に限る。)を本人が採取する際に立ち会い、検査機関等で検査
 【医療機関、薬局、衛生検査所】
 2.実施事業者が自ら検体(鼻咽頭ぬぐい液、鼻腔ぬぐい液及び唾液に限る。)を採取し、検査を実施
 【医療機関に限る。】

イ 抗原定性検査

 1.検体(鼻腔ぬぐい液に限る。)を本人が採取し、検査を行う際に立ち会い、検体の検査結果の読み取り等を実施
 【医療機関、薬局、衛生検査所等】
 2.実施事業者が自ら検体(鼻咽頭ぬぐい液及び鼻腔ぬぐい液に限る。)を採取し、検査を実施
 【医療機関に限る。】

(3)検査結果の通知

  • 実施事業者が所定の結果通知書を作成し、受検者に発行
    (上記ア1.の場合は、検体送付先の検査機関に対して、結果通知書を受検者に対して速やかに発行するよう求めるとともに、発行後速やかに検査結果を実施事業者にも通知するよう求めること。)
  • 陽性の判定があった場合は、必ず医療機関(診療・検査医療機関)を受診するよう受検者に促すこと。
  • なお、本無料検査の結果だけをもって受検者が新型コロナウイルス感染症の患者であるかどうかの診断に用いることはできない。

(4)受検者による検査結果の活用

受検者は検査結果通知書をワクチン検査パッケージ・対象者全員検査等登録事業者や、検査結果を求める民間事業者に持参し提示

(検査結果の有効期限)

  • PCR検査等 検体採取日+3日
  • 抗原定性検査 検体採取日+1日

無料検査の実施による交付金交付対象事業及び上限額、交付要件

PCR検査等(LANP法抗原定量検査含む)(※1)

<PCR検査等の場合の補助上限額等>

内容 補助率 補助上限額
(1) 検査体制の整備にかかる費用
※パーテーション、アクリル板、
 机、いす、ライト、
 空気清浄機等を想定
10/10 検査場所1か所あたり30万円
<対象外経費> 用地の取得費、本事業の実施に関連しない費用
※抗原定性検査との重複補助は不可
 

(2) 検査および結果通知発行等にかかる費用

 

10/10 【令和4年3月31日まで】
検査1回あたり上限 11,500 円(または10,000円)
(内訳)
 検査キット原価(検査費用等含む):上限8,500 円(税込)
 12/31~ 院内で検査分析の場合は7,000円(税込)※2
 その他各種経費:一律 3,000 円(税込)

【令和4年4月1日以降】
検査1回あたり上限 10,000 円
(内訳)
 検査キット原価(検査費用等含む):上限7,000 円(税込)
 その他各種経費:一律 3,000 円(税込)

 

※1:有効期限は3日(採取日+3日)
※2:令和3年12月31日以降、実施事業者が医療機関である場合については、検体採取を行った医療機関以外の施設へ検体を輸送し、検査を委託して実施した場合を除き、仕入れ額の上限額を7,000円(税込)とする。
令和4年4月1日以降については、PCR検査等の仕入れ額の上限額を一律7,000円(税込)に変更される予定

抗原定性検査(※1)

<抗原定性検査の場合の補助上限額等>

内容 補助率 補助上限額
(1) 検査体制の整備にかかる費用
※パーテーション、アクリル板、
 机、いす、ライト、空気清浄機等を想定
10/10 検査場所1か所あたり30万円
<対象外経費> 用地の取得費、本事業の実施に関連しない費用
※PCR検査等との重複補助は不可
 

(2) 検査および結果通知発行等にかかる費用

 

10/10 【令和3年12月30日まで】
検査1回あたり上限 6,500円 (または6,000円)
(内訳)
 検査キット原価(検査費用等含む):
 上限 3,500 円(税込)
 その他各種経費:一律 3,000 円(税込)

【令和3年12月31日以降】
検査1回あたり上限 6,000円
(内訳)
 検査キット原価(検査費用等含む):上限 3,000 円(税込)
 その他各種経費:一律 3,000 円(税込) 
 

 

※1:有効期限は1日(採取日+1日)

検査体制整備費用・検査費用に係る要件

(1)検体採取の実施場所として、以下の事項に適合する場所を確保すること

  • 受検者の自己採取等に支障のないよう他の場所と明確に区別すること。(パーテーション等による仕切りでも差し支えない。)
  • 当該実施場所において同時に検体採取を実施する受検者の有無・人数も踏まえ、一定の広さを確保すること及び受検者のプライバシーに配慮していること。(必ずしも検査ブースを2以上設ける必要はない。)
  • 十分な照明が確保されているとともに、換気が適切に行われていること。

(2)支援対象外経費

  • 用地の取得費、本事業の実施に関連しない費用

事業者となるための要件

  1. 医療機関、衛生検査所等、薬局のいずれかであること。
  2. 香川県内に事業所を有すること。
  3. 民事再生法(平成11年法律第225号)の規定による再生手続開始の申立て、会社更生法(平成14年法律第154号)の規定による更生手続開始の申立てまたは破産法(平成16年法律第75号)の規定による破産手続開始の申立てが行われていないこと。
  4. 事業者、共同事業者のいずれもが暴力団または暴力団員と密接な関係を有する法人でないこと。

応募方法、提出書類など

実施事業者(医療機関、薬局、衛生検査所が対象)となるためには、以下の登録手続が必要です。

登録手続~事業実施に係る手続フロー図

修正事業者フロー図(PDF:263KB)

事業者による実施計画書等の作成及び提出(医療機関や薬局の方向け)

実施計画書を策定の上、県に提出し登録を受けてください(詳しくは、募集要項参照のこと)。

1.事業者募集期間 

  • 令和3年12月16日(木曜日)から令和4年1月31日(月曜日)まで

2.提出書類

  • (別紙4)実施計画書 様式(Excel形式)(エクセル:46KB)
    ※検体体採取場所が複数箇所ある場合:上記様式(別添1)も提出 ※検体採取場所が1か所のみの場合は提出不要
    ※検査体制の整備にかかる費用が発生する場合:上記様式(別添2)も提出 ※1施設につき1枚作成ください
  • 検査を実施する場所の図面(実施場所が異なる場合は、実施場所ごとに作成)※様式任意

3.事業開始日

  • 12月下旬以降で事業者が実施可能な日

4.参考資料

提出先

香川県PCR等検査無料化事業事務局

  • メールによる提出
    kagawa-kensamuryo@jtb.com
  • 郵送による提出
    〒760-0028 香川県高松市鍛冶屋町7-6 地下1F 香川県PCR等検査無料化事業事務局 宛

    <お問合せ先>
    TEL:087-822-0836

    ※聴覚障害などで電話での相談が難しい方は、ファクスでご相談ください。
    FAX:087-826-7650

Q&A、参考資料など

登録後の手続

登録を受けた実施事業者は、要領に基づき、以下の手続が必要です。

​​​​週次の受験者・陽性者の報告

補助金交付申請書兼請求書等の提出

  • 交付金を請求する場合は、12月~3月分の検査実績等について以下様式を作成し、
    4月10日までに(必着)上記提出先へメールまたは郵送で提出ください。
    ※ただし、当月分を翌月10日までに提出した場合は、単月ごとに補助金の交付を受けることも可能です。

補助金交付申請関係様式

交付要綱を参照し、「補助金交付申請書兼報告書」及び「添付書類」を提出ください。

事業実施時に使用する様式等

 

ワクチン検査パッケージ・対象者全員検査等定着促進事業の実施について
(飲食店事業者やイベント主催者が対象です)

本県では、無症状の方を対象として、「ワクチン検査パッケージ・対象者全員検査制度(※)」及び「飲食、イベント、旅行・帰省等の活動の際に検査結果を確認する民間の取組」のために必要な検査を令和4年3月末まで無料化します。

ワクチン検査パッケージ・対象者全員検査制度等登録事業者についても、当該事業に関し無料検査を実施できます。
無料検査の実施を希望するワクチン・検査パッケージ制度等登録事業者については、以下掲載している募集要項をよくお読みのうえ、次のとおり実施事業者として登録ください。

本項目は、検査実施を希望される飲食店やイベント主催者の方向けです。検査実施を希望される医療機関や薬局の方は、上記から応募様式等をご確認ください。

※事業実施後の補助金交付にあたっては、上記「登録後の手続」から書類を提出ください。

 

※無料検査実施に関する様式(飲食店やイベント主催者の方向け)

 

報道提供資料

 

 

 

 

 

このページに関するお問い合わせ

香川県PCR等検査無料化事業事務局

TEL:087-822-0836