ホーム > 組織から探す > 財産経営課 > ファシリティマネジメント > 県有建物の省エネルギー化の推進

ページID:10527

公開日:2020年12月10日

ここから本文です。

県有建物の省エネルギー化の推進

県有建物のエネルギー消費量や設備の設置及び運用状況を調査・整理し、県有建物省エネルギー化推進事業を実施しました。(平成23、24年度)

  • 設備のエネルギー使用合理化のためのマニュアルである管理標準を作成しました。(平成23年度)
  • エネルギー消費量が比較的多い県有建物について、現状を把握し、光熱費等を削減するための省エネルギー診断書を作成しました。(平成23年度)
  • 新たな財政負担を必要としない省エネルギー促進策であるESCO事業の導入可能性を調査しました。(平成23年度)
  • 省エネルギー診断書に基づき、他の県有建物でも可能となるような設備改修(中央監視ソフト改修による空調運転制御、CO2濃度計とOAダンパーの設置による外気導入抑制、誘導灯器具の省エネルギー改修)をモデル的に行いました。(平成24、25年度)
  • 天神前分庁舎及び県立ミュージアムの蛍光灯をリース方式でLED化するなど省エネルギー化事業を実施し、当該庁舎における照明の使用電力量を削減しました。(平成25、27年度)
  • 県有建物の省エネルギー事例集を作成しました。(平成25年度)
  • 「県有施設直管蛍光灯形LED照明導入の手引き」を作成しました。(平成28年度)

デマンド監視装置の設置

使用最大電力50kw以上の県有施設を中心にデマンド監視装置を導入し、使用最大電力の抑制を図りました。(平成24年度)

関連リンク

このページに関するお問い合わせ