ホーム > 組織から探す > 税務課 > 県税のページ > 徴収猶予の特例制度に該当しない場合の猶予制度

ページID:10441

公開日:2020年12月10日

ここから本文です。

徴収猶予の特例制度に該当しない場合の猶予制度

新型コロナウイルス感染症の影響により、県税を一時に納付することができない場合、納税を猶予する制度があります。香川県県税事務所までご相談ください。

換価の猶予

香川県県税事務所に申請すれば、法令の要件を満たすことで、原則として1年以内の期間に限り、分割納付が認められます(地方税法第15条の6第1項)。

徴収の猶予

新型コロナウイルス感染症にり患された場合等、個別の事情がある場合は、徴収の猶予(地方税法第15条)が認められる場合もあります。

新型コロナウイルス感染症に納税者(ご家族を含む。)がり患された場合のほか、新型コロナウイルス感染症に関連するなどして以下のようなケースに該当する場合は、申請することにより、原則1年以内の期間に限り、猶予(1猶予期間中の延滞金の一部または全部が免除、2財産の差押えが免除)が認められる場合があります。

※1 納期限の前からでも相談できます。

※2 申請に当たって必要な書類があります。県税事務所にお電話していただき、ご確認ください。

このページに関するお問い合わせ