認知症とは

いろいろな原因で脳の細胞が死んでしまったり、働きが悪くなったために記憶や判断力の障害などが起こり、生活に支障が出ている状態をいいます。

認知症の症状について

①こんなことはありませんか?

  • ◎物の名前が出てこなくなった。
  • ◎同じことを何回も言ったり、聞いたりする。
  • ◎ささいなことで怒りっぽくなった。
  • ◎財布を盗まれたと騒ぐ。
  • ◎慣れている道で迷ってしまう。(いつも降りる駅がわからなくなる)
  • ◎夜中に突然起きだして騒ぐ。
  • ◎置忘れやしまい忘れが目立ってきた。
  • ◎以前に比べ、だらしなくなる。
  • ◎簡単な計算ができなくなった。
  • ◎テレビの内容が理解できなくなった。

② 認知症の初期症状で最も多いのは、もの忘れですが、加齢に伴うもの忘れとはここが違います。

「加齢に伴うもの忘れ」

年齢を重ねることで認知機能は誰でも低下してきます。
認知機能とは、誰もが持っている能力です。物事を考えたり、判断したり、理解したり、計算したり、見当(日付や場所などがわかること)をつけたりする能力

「認知症」は、病気であり、単なるもの忘れではありません


認知症によるもの忘れ 加齢に伴うもの忘れ(ふつうのもの忘れ)
①体験の全部を忘れる ①体験の一部分を忘れる
② もの忘れの自覚がない ② もの忘れを自覚している
③思い出せない部分に作話が混じる ③別の機会に思い出せる
④日常生活に支障をきたす ④日常生活に支障がない
⑤探し物を誰かが盗ったと言うことがある ⑤探し物を努力して見つけようとする

例1)「加齢に伴うもの忘れ」は食事のメニューを忘れるが、「認知症によるもの忘れ」では、食事したことも忘れる。

例2)「加齢に伴うもの忘れ」は自覚があり、忘れていたことを別の機会にひょっこり思い出すことがあるが、「認知症によるもの忘れ」は、自覚がなく思い出せない部分に作り話がまじる。



認知症の種類と原因は

認知症にはたくさんの種類があり、その原因もさまざまです。 日本において、最も多いのは、アルツハイマー病等の「変性疾患」であり、次に多いのは脳血管性認知症です。

アルツハイマー型認知症 脳血管性認知症
年齢 中年から高齢者まで 60歳以上
女性に多い 男性に多い
発症と経過 緩やかに発症し、除々に進行する 急に発症し、階段状に悪化する。
主な症状 全般的認知障害、失語、失行、失認 まだら認知障害、運動麻痺、歩行障害
感情面その他 多弁、多幸、徘徊 抑うつ、感情失禁
もの忘れの自覚 早期に消失 晩年まで残る

(認知症介護情報ネットワーク参照)

例1)アルツハイマー型認知症の特徴  記憶障害のため、新しい情報を受け入れることができなくなり、直前のこともすぐ忘れてしまう。また、日時や季節の感覚があいまいとなり、電車やバスに乗っても目的地を忘れたり、今どこにいるのかがわからなくなったり、行き慣れた場所でも道に迷い帰れなくなることもあります。また、同じ物を何度も購入したり、料理の手順がわからなくなったりします。

例2)血管性認知症の特徴
脳梗塞や脳出血の後遺症として、記憶と認知機能障害が残っています。


参考)失語:言葉の意味がわからない、又は言葉が出てこない。
失行:目的にあった行動や動作ができない。(物の使い方がわからない)
失認:対象をはっきり認知することができない。
多幸:不自然な上機嫌。常識的には幸せに感じないことに対して笑みをこぼしてしまう状態。
感情失禁:ちょっとしたことで怒ったり笑ったりする現象で、感情の調整がうまくいかないこと

かがわ認知症予防月刊 香川県認知症予防PR動画 認知症予防レシピ かがわ高齢者見守りネットワーク 認知症高齢者などに関する情報提供について お役立ち情報