1. TOP
  2. 汚水処理事業の広域化・共同化

香川県汚水処理事業効率化協議会の開催状況

香川県汚水処理事業効率化協議会

本県における汚水処理事業は、施設の老朽化、職員の減少による管理体制の脆弱化、人口減少に伴う
使用料収入の減少等の共通する様々な課題を抱えており、これらの課題解決のため、平成3010月に
県内全ての汚水処理事業者が参画した「香川県汚水処理事業の効率化に向けた検討会」を開催し、
「広域化・共同化」に向けて検討体制を構築して、検討を重ねて参りました。
 このたび、今後の協議の一層の推進や法的な位置付けを明確にするため、下水道法第31条の4で規定
する協議会(香川県汚水処理事業効率化協議会)を設置するための会議を行い、令和2年6月1日に
法定協議会を設置しました。

設立趣意書(PDF:66 KB) 
 ・設置要綱(PDF:104 KB)

 基本方針(PDF:139KB)

第1回法定協議会
 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、書面による会議を開催しました。
 採決(採決日:令和2年6月1日)の結果、「香川県汚水処理事業効率化協議会設立趣意書(案)」、「香川県汚水処理事業効率化協議会設置要綱(案)」、「広域化・共同化計画策定に向けた基本方針(案)」が、承認されました。また、副会長に高松市長が選出されました。


    会議資料目次(PDF:36 KB)
    資料1 議事内容について(PDF:78 KB)

    (別紙1)香川県汚水処理事業効率化協議会設立趣意書(案)(PDF:84 KB)
    (別紙2)香川県汚水処理事業効率化協議会設置要綱(案)(PDF:100 KB)
    (別紙3)広域化・共同化計画策定に向けた基本方針(案)(PDF:140 KB)