かがわアグリネットトップページに戻ります

スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 

現在地:トップページ > 作物栽培の道具箱 > 農政トピックス > 農業士・青年農業士とは

農業士・青年農業士とは

■農業士・青年農業士とは

 農業士は、自らが農業のプロとして優れた農業経営を営むとともに、地域の農業振興のリーダーとして担い手の育成や農村地域活動に積極的に参加している農業者を、「香川県農業士」として認定しています。
 また、次代の農業の担い手として活躍が期待される青年農業者を、「香川県青年農業士」として認定しています。

■農業士・青年農業士の活動について

 農業士は、地域農業の振興を目指して、新たに農業を始めた人や青年農業者へのアドバイスや支援活動を行っています。また、さらなる技術の向上を目指して、各種研修会も開催し、会員相互に技術の研鑽をしています。ボランティア的な活動が多く、個人的なメリットはありませんが、地域の農業振興に向け積極的に活動をしています。
 香川県内では、農業士128名、青年農業士25名(平成30年度)が活動しています。

■農業士・青年農業士が就農希望者の研修や子供達の農業体験等の受入・協力します

 就農希望者の研修の受入、学童農園への協力、農業体験学習の受入、講師等について協力依頼できますのでご活用ください。

■農業士・青年農業士になるには

 地元市町長から推薦のあった農業者について、学識経験者、関係機関等からなる「香川県農業士等認定推進委員会」で審査を行い、その結果、適格と認められる人を知事が認定します。
 認定は、年1回行います。期間は5年間で、再認定も可能です。
 農業士や青年農業士に興味のある方は、県農業経営課や、農業改良普及センター、お近くの市町農業所管課までお問い合わせ下さい。