ページID:11284

公開日:2020年12月10日

ここから本文です。

化学物質過敏症について

「化学物質過敏症」とは、ごく微量の化学物質に接することで、頭痛、吐き気、めまい、動悸などのさまざまな症状を来たす病気とされています。大量の化学物質に接したり、または繰り返し接したりしたことが原因ではないかと考えられていますが、化学物質との因果関係や発症の仕組みなどについては未解明なところが多く、今のところ診断基準等が確立していないのが現状です。
近年は、衣料用洗剤、柔軟剤、シャンプー、リンス、制汗剤、整髪料など身近な製品に含まれる香料などの化学物質が頭痛や吐き気などの症状の原因になり、生活に支障を来たしているという訴えが増えており、「化学物質過敏症」への理解やその症状に苦しんでいる方への配慮が求められています。

参考情報(外部リンク)

このページに関するお問合せ先

健康福祉総務課難病等対策グループ
電話:087-832-3260(直通)
FAX:087-806-0209
メールアドレス:kenkosomu@pref.kagawa.lg.jp

このページに関するお問い合わせ